岩田剛典&高畑充希ら、公開プロポーズに感動「運命の恋拾いましたね」

「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」公開直前イベント

EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典と女優の高畑充希が28日、都内で行われた映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の公開直前イベントに登場。イベントに招待されたカップルのプロポーズを目の当たりにして感動する場面があった。



映画は有川浩の恋愛小説「植物図鑑」を、ともに映画初主演となる岩田剛典と高畑充希のW主演で実写化。何の取り柄もない普通の女の子・さやかが帰宅したマンションの前に倒れていた青年・樹を発見し、2人の同居生活がスタートする。岩田が家事万能で植物オタク、それ以外は謎に包まれた青年・樹を、高畑が戸惑いながらも恋をすることで前向きに一歩を踏み出すOL・さやかを演じる。

イベントには恋愛中の男女が招待され、岩田、高畑と本作に出演する今井華、お笑いコンビ・TKOの木下隆行の4人がカップルたちの恋の悩み相談に回答した。
「彼氏または彼女の誕生日にサプライズをするならどんなサプライズをしますか?」「喧嘩をした時の仲直りの方法を教えて下さい」といった質問の後、最後の相談は、付き合って9年の彼氏とイベントに参加した女性から「なかなか結婚の話が進まないので、背中を押してください」というもの。
高畑は「サラッと言ってほしい。フラッシュモブとか大々的なのも嬉しいけど、普通に2人で晩酌していてポッと言われるのも素敵。『あ、うん』って言っちゃいそう」と理想のプロポーズを明かす。
岩田は「男は構えちゃいがちだけど、逆に、朝御飯とか自宅で一緒に食べて、その食卓を囲みながら自然な会話の流れで言えたら一番いいかな」と提案し、「9年なら言えると思う」と背中を押した。

相談者の女性は「もうそろそろ先の未来が見えたらいいなと思って」と切実な想いを吐露し、彼氏が「さすがに9年も付き合っているので、感じてはいました」と彼女の気持ちに気づいていたことを明かすと、木下は「今日ね、この4人は背中を押しにきたんですよ」と力を込め、岩田も「もちろんですよ。そのために来ました」と同調。彼氏が「今日映画を見させていただいて、彼女との9年間をいろいろ考えて、一緒にいたいなと感じました」と話すと会場から拍手が沸き起こった。
岩田がすかさず「今でもいいんですよ」と煽り、客席からも「がんばれ!」と声援が飛ぶと、意を決した彼氏は彼女に「今まで長い間僕と付き合ってきてくれてありがとう。これからもずっと一緒にいてください。僕と結婚してください」と公開プロポーズ。彼女が「よろしくお願いします」と答えると、会場は温かい拍手に包まれ、壇上の4人も歓喜の声をあげて喜んだ。


相談者の彼女は突然の出来事に戸惑いながらも、「これからも末永く、樹とさやかのように仲良くやっていけたら」と語ると、岩田は「やばいですね。こんなことあります? 運命の恋拾いましたね」と映画のタイトルと絡めて満面の笑みで2人を祝福。大勢の前で急遽プロポーズすることになった彼氏を「男らしいです」と称えた。
高畑は目をうるませながら「おめでとうございます。今日イベントしてよかった」とまさかの展開に感激。今井も「人のプロポーズをこんなに間近で初めて見て、すっごい感動しました」と笑顔を見せていた。

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は6月4日より全国で公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top