小松菜奈が可憐なウエディングドレス姿を披露 「高台家」の歴史つなぐ

女優の小松菜奈が、6月4日より配信開始が決定したdTVオリジナルドラマ「高台家の人々」で、可憐なウエディングドレス姿を披露。劇中写真が初公開された。


同日公開の映画『高台家の人々』と連動した本作では、映画の舞台から30年前、高台家の母・由布子と父・茂正Jr.(通称マサオ)が結ばれるまでの恋の物語を描く。

可憐なウエディングドレス姿を披露した小松菜奈

可憐なウエディングドレス姿を披露した小松菜奈

今回公開された写真は、小松菜奈演じる若かりし頃の由布子と、間宮祥太朗演じる父・高台茂正Jr.(通称マサオ)の結婚式で撮影された記念写真。本作の冒頭、30年前を回想する高台家の祖母・アンの語り出しとともに、クラシカルなドレスに身を包み優しく微笑む小松菜奈と、黒いタキシード姿で凛々しい表情の間宮祥太朗が映る写真が、印象的に使われる。由緒正しき“高台家”を象徴するような一枚となっている。

小松が纏ったウエディングドレスは、映画『高台家の人々』の主人公・木絵を演じる綾瀬はるかが、斎藤工演じる高台光正との結婚式のシーンで着用したものと同じドレス。劇中、結婚に反対していた大地真央演じる高台光正の母・由布子から、結婚の許しと共に譲り受けた一着で、古くはシャーロット・ケイト・フォックス演じる祖母・アンから母・由布子へ受け継がれたもの。三世代にわたって受け継がれた“高台家”の歴史を表わすこのドレスは、映画とドラマをひとつの物語として繋げる重要な役割も担っている。

「綾瀬はるかさんとシャーロットさんと同じドレスを着用する事が出来て、映画とドラマを繋ぐ役割を果たした事を光栄に思います」と話す小松。以前に仕事でウエディングドレスを着た経験があるが、「その時のデザインとはまた違っていて可愛いです。個人的には、こういうクラシカルなデザインの方が好きですね」と今回のドレスを気に入ったようだった。

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」は6月4日よりdTVで配信開始。

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」

配信日:2016年6月4日(土)0:00
出演:小松菜奈 間宮祥太朗/斎藤工
原作:森本梢子「高台家の人々」(集英社「月刊YOU」連載/コミック既刊5巻)
監督:土方政人(映画『謎解きはディナーのあとで』)
脚本:三浦希紗
制作プロダクション:共同テレビジョン
公式サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004387
(c)2016  森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会・BeeTV



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top