清水富美加・新川優愛・広瀬アリスら、片想いエピソード披露

31日、映画『全員、片想い』の完成披露試写会が都内で行われ、キャスト陣が舞台挨拶を行った。


舞台挨拶には本作に出演する伊藤沙莉、中川大志、桜田通、広瀬アリス、知英、新川優愛、志尊淳、 清水富美加、千葉雄大、横浜流星、加藤雅也、そして主題歌「灯台」を歌う黒木渚が登壇。

映画の内容にちなみ、片想いエピソードを聞かれた清水富美加は「絶対叶わない片想いをしていた時、1年くらい片想いすると、だんだん悟りが開けてきて、もう生きてるだけでいいなってなる」と話して会場を笑わせるが、新川優愛は「めっちゃわかる!」と共感。清水は「わかるの!?」と驚き、「悟り開くよね? 生きてるだけでいいよねとか、同じ地球で生きてるだけでいいやとかさ」と大興奮。新川も「そうそう、すごいわかる!」と意気投合していた。

その新川は「中学校の時に入学式で一目惚れして、3年間片想いして卒業式でも想いを伝えられず終わった」というエピソードを披露。「だけど、同じ学校で同じクラスで授業受けてるだけでいいって、それ以上望まなくなる」と当時の心境を明かすと、清水は「そうなんだよ。何も求めなくなるんだよね」としみじみと頷いていた。


「兄がいるので男の子っぽかった」と幼少期を明かす広瀬アリスは「好きな子に『男だったら大親友だな』って思いっきりフラレました」といい、「一緒にドッジボールとかやっちゃって、女子は手加減されるのに私の時だけ思いっきりバーン!って(ボールを)投げられて……」と切ないエピソードを披露。新川が「意外と好きだったりするんですよ、そう言ってても!」と持論を展開すると、広瀬は「やだぁ!違うのよ」と否定するも、「絶対あると思う」という新川の言葉に「うそ? うわー、ショック……」と肩を落としていた。

本作の製作は加藤雅也がFMヨコハマの「BANG BANG BANG!」という自身の番組で“片想い”をテーマとしたトークがきっかけ。
日本最大級の小説投稿サイト「E★エブリスタ」とFMヨコハマの共同企画で片想いをテーマにした投稿小説を募り、同企画から選出された“片想い”をテーマにした小説4本とオリジナルストーリー4本を映画化した。
発端となった加藤は、「本当にいい作品が詰まっている。皆さんが自然体で演じている姿が本当に切ない」と完成した作品に自信をのぞかせた。

映画『全員、片想い』は7月2日(土)より全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top