岩田剛典&高畑充希、鷲尾伶菜の主題歌に感動 高畑を泣かせたクランクアップ秘話も

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』初日舞台挨拶

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』が4日、公開初日を迎え、都内の劇場で行われた初日舞台挨拶にW主演を務めたEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典と女優の高畑充希に加え、主題歌を歌うFlowerのボーカル・鷲尾伶菜がサプライズ登場した。


舞台挨拶の終盤に登場した鷲尾は本作の主題歌「やさしさで溢れるように」を生披露。のびやかな美声で会場を魅了した。中には涙を流す観客の姿も見られ、岩田も「ちょっと、これはヤバイですね。僕も危なかったです」と感動した様子。
鷲尾が「歌詞が高畑さん演じるさやかの気持ちにピッタリだなと思うので、そこを意識して歌いました」と話すと、高畑は「密かにずっと会いたかったので、すごく嬉しいのと、おっしゃったように、歌詞がビックリするくらいリンクしているので、撮影していた頃の感情をすごく思い出して、グッときました」と感慨深げだった。


映画は有川浩の恋愛小説「植物図鑑」を、ともに映画初主演となる岩田剛典高畑充希のW主演で実写化。何の取り柄もない普通の女の子・さやかが帰宅したマンションの前に倒れていた青年・樹を発見し、2人の同居生活がスタートする。岩田が家事万能で植物オタク、それ以外は謎に包まれた青年・樹を、高畑が戸惑いながらも恋をすることで前向きに一歩を踏み出すOL・さやかを演じる。

撮影中で一番嬉しかったことを聞かれた高畑は、クランクアップの感動的なエピソードを披露。
「本当に撮影が過酷で、スタッフも演者も寝る時間が毎日2~3時間で、なんとか生きてる感じ」とハードな撮影を振り返りながら、「クランクアップも、都内から車で3時間くらい行ったところの駅で、朝の4時だったんですね。2日前に樹はクランクアップしていて、私1人でクランクアップだったんですけど、『お疲れ様でした!』って時に、駅の向こうから花束を抱えた樹が歩いてきたんです」と、高畑のクランクアップに岩田が駆けつけたことを明かした。
劇中さながらの王子様のような振る舞いに、客席から「キャー!」と歓声があがり、高畑も「点字ブロックがレッドカーペットに見えた」と絶賛。「撮影が大変だったことや達成感もあって、全員が揃ってクランクアップできて、泣いてしまいました」と恥ずかしそうに話した。

「自分にとって初主演となるこの作品が、こうして世の中に出て行くことが、万感の思いです」と喜びを噛み締める岩田は、主題歌のタイトルにちなみ「やさしさに溢れたエピソード」を聞かれると、「まさに今朝、EXILE TRIBEのグループLINEでHIROさんから『公開おめでとうございます。是非見に行かせていただきます』とLINEがきまして、そこからどんどんメンバーのグループLINEがきて、気づいたら二十何件とか。メンバーの愛を感じました」と笑顔を見せていた。

舞台挨拶には原作者の有川浩と三木康一郎監督も登壇した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top