GENERATIONS、新曲MVは初のダンスなし 「涙」がテーマのバラードを演技で表現

GENERATIONS from EXILE TRIBEが6月29日発売の新曲「涙」のMVを公開した。


「涙」は、「幸せだった掛け替えのない日々、愛し合う二人に訪れた悲しく切ない別れの時、“あたたかな涙”を胸にそれぞれの道を選んでゆく」というコンセプトのバラード。

GENERATIONS from EXILE TRIBE「涙」MVでは、メンバーが一切踊ることなく、楽曲の世界観を演技だけで表現するというGENERATIONSにとって初めての試みに挑戦。恋人との最初の涙(出会い)から幸せな日々を経て、最後の涙(別れ)までの“ひとつの恋”が、カフェや観覧車などを舞台に、それぞれのメンバーの物語が交差しながら、喜びや悲しみを交えて描かれる。
「涙」をテーマとしながら、楽曲が持つ優しさや相手を想いやる温かさを、メンバーがそれぞれの演技で表現し、「温かな涙と再出発」という前向きなメッセージを込めた作品に仕上がっている。

リーダーの白濱亜嵐は「GENERATIONSのメンバーでなく、全員他人同士という世界の中で、喧嘩別れだったり夢の為の別れだったりとそれぞれのシチュエーションとなっています」と今作の設定を説明し、「涙の歌詞の世界観を存分に表現したMVとなっているので歌詞を感じながら見て頂けるとより楽しめるかと思います。」と、新たなグループの一面を表現した MVの見どころをコメントしている。

GENERATIONSがバラード楽曲をシングルとしてリリースするのはこれが初めて。ヴォーカルの片寄涼太は「GENERATIONS史上究極のバラードが出来上がりました。」と自信をのぞかせている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top