池松壮亮&菅田将暉、劇中さながらの掛け合いで会場沸かせる

映画「セトウツミ」完成披露試写会

映画「セトウツミ」完成披露試写会

俳優の池松壮亮と菅田将暉が7日、都内で行われた映画『セトウツミ』の完成披露試写会で大森立嗣監督とともに舞台挨拶を行った。


シニカルな“会話”の面白さだけで読者を魅了する人気漫画を映画化した本作は、クールなインテリメガネ・内海と、ちょっとおバカなツンツン頭・瀬戸が、河原で無駄話を繰り広げるだけの一風変わった青春ムービー。

河原の硬い石段に一日中座っての撮影となったため、「おしりが痛そうだったので、途中で座布団を導入したんです」と本番以外は座布団を敷いていたことを明かした大森監督は、「1回、忘れてそのまま撮影しちゃって、撮り直した」と失敗談も披露。
続けて撮影中のエピソードを聞かれた池松が「おしりが痛くて、途中から座布団買ってきてくれたんですけど…」と話し始めると、隣の菅田が「その話、したやんか」とツッコミ、池松がすかさず「こっからやん」と関西弁で返すという劇中さながらの掛け合いを見せ、客席を沸かせた。

クールな塾通いの内海想を演じた池松は、「喋るだけの映画ってやっぱり挑戦的だし、映画に成り得るのかって不安はありました」とオファーを受けた時の胸中を告白。実際に演じてみて「(撮影期間が)短かったんですよね。1週間くらいだったので、手応えもクソもないまま終わった」と振り返りつつも、「出来上がりを観て、楽しんでもらえるんじゃないかっていう自信はある」とニヤリ。
一方、元サッカー部のお調子者・瀬戸小吉を演じた菅田は「原作を知っていたので、すごく楽しそうだなと思いました」と最初の印象を話し、完成した作品については、「思ったより品がある映画になっていてよかった」と安堵の表情を浮かべていた。


本格的な共演は初めてとなった2人。菅田について池松は「すごく心と体が柔らかい、柔軟性のある俳優なんだろうなという印象だったんですけど、その通りでした」と話し、菅田は池松について「(俳優の)太賀が『役者の鏡だよ』って言っていて、本当にその通りでした」と賞賛。
そんな2人だが、大森監督は「初対面の顔合わせのとき一言も口を聞かなかったんですよ」と明かし、「大丈夫かなこの人たちって、怖くなりました」と撮影前の不安を告白。
池松が「人見知りなのかわからないけど、『はじめまして』以外に喋ることがなかった。今はよく喋りますよ」と弁明すると、監督も「ベタつかない感じがすごくいい。仲良いのか悪いのかわからない感じが結構好きでした」と撮影期間中の2人の距離感には好感を持っていたようだった。

また、本作の特報として、瀬戸と内海が無駄話を繰り広げる3本のショートムービーがインターネット上で公開されているが、この日の舞台挨拶では、その中の一篇「スタンディングオベーション」を池松と菅田が実演。最後は客席も巻き込んで会場全体でのスタンディングオベーションとなった。

映画『セトウツミ』は7月2日より全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top