乃木坂46生駒里奈、舞台版「こち亀」に出演

乃木坂46の生駒里奈が舞台版「こちら葛飾区⻲有公園前派出所」に出演することがわかった。


生駒里奈

生駒里奈(乃木坂46)

集英社「週刊少年ジャンプ」にて1976年にスタートし、現在も連載中の秋本治原作の国民的ギャグ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年特別企画として10年ぶりに舞台化される本作。脚本・演出・主演にラサール石井を迎え、2016年9月9日(金)から19日(月・祝) まで、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて、9月23日(金)から25日(日)まで大阪・梅田のサンケイホールブリーゼにて上演される。

生駒はストーリーの鍵を握る、舞台オリジナルキャラクター、 謎の少女・サキ役で出演。乃木坂46の舞台「16人のプリンシパル」や「じょしらく」などの出演経験があるが、乃木坂46以外の舞台には今回が初挑戦となる。

アニメ好きで知られる生駒は「もともとジャンプが大好きで、そのご縁でTX『特捜警察ジャンポリス』のレギュラーもやらせていただいてますが、まさか『こち亀』の舞台に出られる日がくるなんて思っていなかったので、とても嬉しいです」と出演決定に喜びのコメント。「ジャンプが大好きな一員として、また、40周年という私より20年も先輩の作品の記念公演に華を添えられるように、サキ役を精いっぱい演じさせていただきます!頑張ります!」と意気込んでいる。

■舞台公式HP:http://kochikame-stage.jp/

※公演タイトルの「葛」は、旧漢字が正式。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top