広瀬すず&中条あやみら、チアの本場・アメリカで集大成のダンスシーン撮影

『チア☆ダン』アメリカロケ

広瀬すずを主演に迎え感動の実話を映画化する『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の追加キャストが発表され、中条あやみ、真剣佑、健太郎らが出演することがわかった。



本作は、2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝という快挙を成し遂げた福井県立福井商業高等学校チアリーダー部が題材。軽い気持ちでチアダンス部に入部してしまったごくごく普通の女の子を主人公に、女性顧問の厳しい指導のもと、チームメイトたちと支え合い、たった3年で全米大会を制覇するまでの軌跡を描く。

今回、出演が明らかとなった中条あやみが演じるのは、福井中央高校チアリーダー部JETSの部長・玉置彩乃役。広瀬すず演じる主人公・友永ひかりの親友であり、ライバルという役どころ。そのほか、JETSのメンバーには山崎紘菜、富田望生、福原遥、柳ゆり菜、南乃彩希が名を連ねる。
真剣佑は主人公ひかりがチアリーダー部に入部するきっかけとなる、同級生の山下孝介役。健太郎は、中条演じる彩乃に想いを寄せ、影で見守る矢代浩を演じる。

広瀬、中条らJETSのメンバーたちは先頃、アメリカ・サンディエゴにて、映画のクライマックスシーンである全米チアダンス大会の撮影に臨んだ。
ロケ地となったサンディエゴ州立大学のビーハスアリーナには実際の大会さながらの雰囲気が再現され、この日の撮影のために半年間にわたってダンスの特訓に励んできた広瀬らJETSメンバーの強い想いが込められた、まさに集大成ともいえる圧巻のダンスシーンとなった。

クライマックスシーンの撮影を終えた広瀬は「『努力をすればきっと得るものがある』という作品のテーマと、私たちのダンスに込められた『応援したい』という想いが、一人でも多くの人に伝わればといいなと思います」とコメント。中条は「踊っていても楽しかったし、チーム全員の熱意があふれたエネルギッシュな撮影になったと思います」と振り返った。

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は2017年春公開。

広瀬すずコメント

アメリカでの撮影が始まるまでは実感がなかったのですが、全米大会という独特な雰囲気の中で踊るのはすごく特別な感じがしました。チームのみんながいてくれたからここまでこれたし、このメンバーだからここまで仲良くなれました。「努力をすればきっと得るものがある」という作品のテーマと、私たちのダンスに込められた「応援したい」という想いが、一人でも多くの人に伝わればといいなと思います。

中条あやみコメント

半年間、この日の撮影のためにがんばってきたので、アメリカロケで練習の成果を披露することができて本当に嬉しいです。踊っていても楽しかったし、チーム全員の熱意があふれたエネルギッシュな撮影になったと思います。みんなが全力で頑張って、メンバー同士の仲もとても良くなったので、そこからくるJETSの団結力と、ゼロからダンスを始めたメンバーがここまで頑張ったという努力の結果を楽しみにしていただければと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top