東出昌大が天才棋士・羽生善治に 「聖の青春」追加キャスト発表

「聖の青春」追加キャスト発表

羽生善治を追い詰めた伝説の棋士・村山聖の生涯を描く映画『聖の青春』の追加キャストが発表された。


100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖。映画は、病と闘いながら将棋に全人生を賭け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く、感動のノンフィクションエンタテインメント。

すでに松山ケンイチが主人公・村山聖を演じることが発表されていたが、このほど新たに東出昌大、リリー・フランキー、竹下景子、染谷将太、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆ら豪華キャストの出演が明らかとなった。

東出が演じるのは村山聖の最大のライバル・羽生善治。
実在し、かつ今なお棋界の頂点で活躍する人物という難しい役どころを、精神・肉体面の両方からアプローチ。劇中の“羽生メガネ”は、羽生善治氏本人が1996年に史上初となった七大タイトル戦七冠独占達成時に実際にかけていたものを、東出が羽生本人から譲り受けた。徹底した羽生研究を行い、羽生本人と瓜二つの姿で撮影現場を驚きの声に沸かせた。
松山ケンイチ演じる村山聖vs東出昌大演じる羽生善治の両者が実際の棋譜を覚えての2時間半に及ぶ長回し撮影に挑んだ緊迫感溢れる対局シーンは本作の最大の見どころとなっている。

「とにかく素晴らしい原作と脚本で、現場に入る前からこの作品に携われることに大きな幸福感と闘志を抱いていました」と語る東出は、松山との共演を振り返り、「元々、尊敬する大先輩だったので、松山さんとのお芝居の中で過ごせた時間が自分の宝になりました」と充実感をにじませる。
役作りについては「先ず、羽生さんが七冠を獲った頃に、実際にご本人がお使いになられていた眼鏡をご本人からお借りできたことが、大変有り難く、幸運でした。あとは全て『見てからのお楽しみ』です」と語った。

一方、羽生善治氏本人は「村山さんの生き様を描いた聖の青春が映画化されると聞いて、彼の存在の大きさを感じました。自分も出てくるので気恥ずかしいところもありますが、東出さんに演じて頂いたのはとても名誉な事だと思っています」とコメントしている。

その他、リリー・フランキーが、10代の聖を大阪に引取り、共同生活をしながら彼を支えた師匠・森信雄を、竹下景子が故郷・広島に住む聖の母・村山トミ子を、染谷将太が弟弟子・江川を、安田顕と柄本時生はともに聖と交流のあるプロ棋士を演じる。

映画『聖の青春』は2016年秋全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top