妄想キャリブレーションがレコ発ライブでメンバー作詞の新曲披露

「秋葉原ディアステージ」発の6人組ユニット・妄想キャリブレーションが17日、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTにて「妄想キャリブレーション 1st single発売記念ライブ 〜ちちんぷいぷい♪〜」を開催。約1200人のファンの前で、メンバーが作詞に挑戦した新曲「アンバランスアンブレラ」を初披露した。


「何故なら私、妄想少女ですの」「悲しみキャリブレーション」など7曲をパフォーマンスした本編のラストに、メンバーの雨宮伊織が「次に歌うのは、今日のために作ってきた新曲です」と切り出すと、「今回の曲は、私たちが作詞家の加藤さんと一緒に、コンセプトや世界観を1からメンバー皆で作りました。作詞にも挑戦させてもらって、今日お披露目できるように沢山ダンスレッスンもして、私たちの気持ちがこもっている楽曲です」とメンバーが作詞に参加したことを明かし、新曲「アンバランスアンブレラ」を初披露した。

前作「ちちんぷいぷい♪」同様、DJ’TEKINA//SOMETHINGが作曲した爽やかな“MOSO EDM”サウンドに乗せて、好きな男性と一緒に同じ傘の下にいる女の子の恋心を歌ったこの曲は、妄キャリメンバーの言葉が散りばめられた、まさに等身大のラブソング。はじめて聞く新曲にも関わらず、ノリやすいポップな歌詞とサウンドに、フロアは最高潮の盛り上がりを見せた。なお、楽曲のリリースは現在のところ未定だという。

さらに、アンコールでは、ステージに再登場したメンバーからサプライズが。「12月25日に、新木場STUDIO COASTにて、ワンマンライブの開催が決定しました!私たちと一緒に楽しいクリスマスを迎えましょう!」と胡桃沢まひるの口から発表されると、フロアは大歓声に包まれた。

この日の公演は6月1日にメジャー1stシングル「ちちんぷいぷい♪」をリリースした妄キャリにとって、初めてのレコ発ワンマンライブ。
ライブ冒頭ではオープニングSEが流れる中、女性を中心に人気を集める“ねむたいカンパニー”がデザインした妄想キャリブレーションの新キャラクター・妄想(モウソウ)の“ソウくん”が、ステージ上にDJとして登場し、メンバーと一緒に「ちちんぷいぷい♪」をパフォーマンスするなど、これまでのライブとはひと味違った演出でファンを沸かせた。

妄想キャリブレーション 1st single発売記念ライブ 〜ちちんぷいぷい♪〜

日時:6月17日(金)
会場:TSUTAYA O-EAST(東京・渋谷)
セットリスト:
M1. ちちんぷいぷい♪
M2. 何故なら私、妄想少女ですの
〜MC〜
M3. 妄想プロミネンス
M4. はじまりがはじまる
M5. おもてなでしこ伝承中
〜MC〜
M6. YOUをちぇっくします!
M7. 悲しみキャリブレーション
〜MC〜
M8. アンバランスアンブレラ ※新曲
〜ENCORE〜
M9. ちちんぷいぷい♪

君に魅せたい!妄キャリが贈る今夜限りの・・・ULTRA MOSO ∞ PARTY!!!!!!

日時:2016年12月25日(日)OPEN/START 17:00/18:00
会場名:新木場STUDIO COAST
チケット:1Fスタンディング 前売¥4,860(税込)※1ドリンク別途必要
ファンクラブ(抽選)先行受付:2016年6月17日(金)22:00〜2016年6月26日(日)23:59

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top