古畑星夏「時をかける少女」で黒島結菜と仲良し三人組 恋に憧れるお嬢様演じる

モデルで女優の古畑星夏が7月よりスタートする日本テレビ系「時をかける少女」(土曜よる9時)に出演することがわかった。



ドラマはこれまでに幾度となく映像化されてきた筒井康隆の同名小説が原作。今作ではオリジナルのストーリーを加え、黒島結菜、菊池風磨(Sexy Zone)、竹内涼真、吉本実憂といった、今をときめくフレッシュなキャストで、新しい「時かけ」の魅力を届ける。

古畑星夏

古畑星夏

女性向けファッション誌Seventeenの専属モデルで、日本テレビ系「Going! Sports & News」ではお天気キャスターとしても活躍中の古畑星夏が今回演じるのは、黒島結菜演じる主人公・芳山未羽の同級生・おじょう。
その名の通りお嬢様で、恋愛に憧れる女の子という役どころ。竹内涼真演じる浅倉吾朗に片思いをしていて、彼のことになるとまわりが見えなくなり、少々行き過ぎた恋愛妄想をしてしまうというキャラクターをコミカルに演じる。
芳山未羽ともう一人の同級生・えりちんを加えた仲良し三人組も注目のポイントだ。

古畑本人は今回の出演決定について「同世代の方々と学校の教室のシーンなどが、すごく楽しみ。土曜日の夜放送ということで、みなさんお家にいて、見てくれる方も多いと思うので、存在感を残せるように頑張りたいです!」と気合十分。
作品の内容にちなみ、もし未来に行くことができるなら「宝くじの当選番号を見て、現代に戻ってきて買います!」と想像を膨らませた。

ドラマ「時をかける少女」は7月9日(土)21時より日本テレビ系にてスタート。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top