土屋太鳳主演「青空エール」主題歌はwhiteeeenによる「キセキ」カバー 予告編も公開

©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

土屋太鳳を主演に迎えて実写映画化される『青空エール』の主題歌が決定。あわせて主題歌入りの予告編が公開された。



映画は累計発行部数340万部を突破した河原和音の同名漫画が原作。北海道・札幌の野球と吹奏楽の名門・白翔高校を舞台に、甲子園を目指す野球部員と彼を応援するために吹奏楽部に入部する女子生徒が、支えあい、惹かれあいながら成長していく姿を描く。

主題歌は、whiteeeenの歌うGReeeeN「キセキ」のカバー曲「キセキ〜未来へ〜」に決定。whiteeeenはGReeeeNの「愛唄」をカバーしたデビュー曲「愛唄〜since2007〜」(映画『ストロボ・エッジ』)、2ndシングル「ポケット」(映画『シンドバッド』)に続き三度目の映画主題歌を担当することになる。

甲子園で野球部を応援する吹奏楽に憧れて、初心者ながらも吹奏楽部に入部しトランペットを始める主人公・小野つばさを演じる土屋太鳳は、主題歌決定を受けて「何度も何度も聴き何度も何度も歌い、勇気と元気をいただいてきた『キセキ』。その魂を受け継ぐ曲が主題歌と知り…まさに奇跡だと感じています」と喜びのコメント。「whiteeeenさんのまっすぐな歌声は、たくさんの仲間と一心不乱に生きた『青空エール』の撮影の日々が、どんなに大切な奇跡のような時間だったかを思い出させてくれます」と作品と重ね合わせ、「この歌声が全国のスクリーンからたくさんの人に伝わり、新しい勇気と元気を生み出すことを心から願ってます!」と期待を込めた。

今回の主題歌起用は映画制作サイドからの強い要望により実現したもの。担当プロデューサーは「『誰かを励ますことは、自分が頑張るのと同じくらい大変で、だからこそ誰かのエールは、人に力を与えられる』という作品テーマに適う応援ソングを主題歌に、という方向で検討を重ねました。そしてたどり着いたのがGreeeeNの名曲『キセキ』でした」と経緯を説明。同楽曲をヒロインの気持ちに寄り添って女性ボーカルに歌ってもらいたいとのことからwhiteeeenに白羽の矢が立った。

主題歌発表とあわせて公開された予告編では、whiteeeenの「キセキ〜未来へ〜」にのせて土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、松井愛莉らフレッシュなキャストたちが紡ぎだす瑞々しい青春模様を垣間見ることができる。

映画『青空エール』は8月20日(土)全国公開。whiteeeenの「キセキ〜未来へ〜」は8月17日にシングルリリース。

春名慶プロデューサーコメント

「誰かを励ますことは、自分が頑張るのと同じくらい大変で、だからこそ誰かのエールは、人に力を与えられる」という作品テーマ
に適う応援ソングを主題歌に、という方向で検討を重ねました。そしてたどり着いたのがGreeeeNの名曲「キセキ」でした。
その名曲を、ヒロインの気持ちに寄り添うかたちで女性ボーカルに唄ってもらいたくて、whiteeeenにオファーをしました。
彼女たちは、映画「ストロボ・エッジ」の主題歌でデビューしたというご縁もあって、声の世界観がイメージ出来たことも大きな理由です。
結果、快諾いただき、作品に大きなエールを送ってくれるキュートな女子版「キセキ」が産まれたことを感謝しています。

・土屋太鳳コメント

何度も何度も聴き何度も何度も歌い、勇気と元気をいただいてきた「キセキ」。その魂を受け継ぐ曲が主題歌と知り…まさに奇跡だと感じています。心が熱いです。Whiteeeenさんのまっすぐな歌声は、たくさんの仲間と一心不乱に生きた「青空エール」の撮影の日々が、どんなに大切な奇跡のような時間だったかを思い出させてくれます。この歌声が全国のスクリーンからたくさんの人に伝わり、新しい勇気と元気を生み出すことを心から願ってます!

・竹内涼真コメント

青空エールの登場人物たちと同世代のWhiteeeenさんたちが歌う事によって、より心に響くメロディになるのではないかと思います。
撮影現場で、主題歌が何になるのか話したりしていました。その中で「キセキ」も挙がっていたので、主題歌になることを知った時は嬉しかったです。
もともと名曲ということもありますが、実際に曲を聴いてみて、GReeeenさんとはまた違う良さが出ていて映画にもぴったりだと思いました。
聞いた時に自分が撮影していたシーンが蘇ってきて、僕らの熱い気持ちとWhiteeeenさんが歌いあげてくれたメロディがシンクロしているなと感じました。

・whiteeeenコメント

『青空エール』は原作を読ませていただいていたので、主題歌が決まったと聞いた時、そして、その曲がGReeeeNさんの代表曲である「キセキ」を歌わせていただけると聞いた時は、嬉しさと驚きのあまりに叫んでしまいました。「キセキ」をカバーするにあたり、正直すごく不安もありましたが私たちがカバーすることに対してGReeeeNさんからの温かい言葉をスタッフさんから聞いた時、絶対精一杯自分たちの声で「キセキ」を歌おう!!!という気持ちが強くなりました。
そして、『青空エール』は青春時代のぶつかりあいだったり、恋をしてキラキラしていたり、一つ一つのシーンがすごく共感できて、とっても大好きな作品です!いつもそばにいてくれる大切な人のことを考えながら、「キセキ」の歌詞を噛みしめながら、私たちwhiteeeen、心を込めて大切に歌わせていただきました。映画とともに、たくさんの方に聴いていただけることを心から祈っています!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top