菅田将暉が「1UP」新CMキャラクターに 自分を「1UP」させた出会いとは?

住友生命 新CM「ここから1UP」篇

俳優の菅田将暉が新CMキャラクターに起用された住友生命「1UP」のCM「ここから1UP」篇が6月24日から全国で放映される。



「1UP」のCMではこれまで俳優の瑛太が演じてきた上田一(うえだはじめ)に加え、新たに菅田将暉演じるマイペースな若手会社員・上野一(うえのはじめ)が登場し、今後はWキャストで、一歩前に踏み出す姿を描いていく。

「ここから1UP」篇では、上野一が、お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二演じる勤務先の同僚Sさんの付き添いで保険の話を聞きに喫茶店へやってくる。
吉田羊演じる住友生命ライフデザイナーYさんの話を聞いている途中、母親からかかってきた電話に「あ、お袋、今仕事中だから折り返す」と電話を切る上野一。
今まで「ママ」と呼んでいた母親を「お袋」と呼べるようになり、ほんの少し成長した姿を見せる。


撮影を終えて「撮影方法の独特感が面白いと思いました」と語った菅田。「セリフみたいなものがきっちり決められているわけではなく、吉田さんに保険の説明を受けて、それを本当にポカーンと聞いているというのが撮りたいということだったので。なんか、ドキュメンタリーだけど、フィクションというか、フェイクドキュメンタリーというか・・・。 その感じはすごく画に出ていますし、リアルに多分視聴者の人と同じような感じだと思います」と、映画にドラマにCMにと数多くの作品に出演する菅田にとっても新鮮な現場となったようだ。

上野一が住友生命ライフデザイナーのYさんと出会うことによって「1UP」していくというCMの内容にちなみ、「自分が一歩進めた、変わったきっかけとなった出会い」を聞かれると、映画『共喰い』(2013年)でタッグを組んだ青山真治監督と甲斐真樹プロデューサーの名前を挙げた。
本人も「高校生のとき急に『君は仮面ライダーだ。』って言われて・・・」と振り返るほど、デビューからとんとん拍子にドラマ主演、映画主演が決まり、「上京して一人でよく分からず、辛いとかではないですよ。意味がよく分からない。パニックというか。」と戸惑っていた菅田。青山監督と甲斐プロデューサーは、そんな矢先に出会った2人。「俳優という職はこういうことだ、みたいなものを教えてもらった現場だったんですけど。いまだに頭が上がらない師匠的な人ですね」と、ひとかたならぬ恩義を感じているようだった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top