実写映画「東京喰種 トーキョーグール」主演・窪田正孝×ヒロイン・清水富美加に決定

映画『東京喰種 トーキョーグール』キャスト発表

先日、実写映画化が発表された『東京喰種 トーキョーグール』のキャストが発表された。



2011年のコミック連載開始からその魅力的な世界観に10代、20代の男女を中心に熱狂的なファンがつき、2014年にアニメ化、そして2015年からは舞台化、ゲーム化など、様々なメディアで人気を博している「東京喰種 トーキョーグール」。

主人公の金木研(カネキ)役には、TVドラマ「デスノート」や、映画『MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜』など話題作への出演が続き、人気・実力ともに日本映画界の若手俳優を代表する存在の窪田正孝。人間でありながらも、人間を食べることでしか生きることができない“喰種(グール)”に半分変化してしまったカネキの悲しみと運命を、魅力たっぷりに演じる。
そしてヒロインの霧嶋董香(トーカ)役には、NHK連続テレビ小説「まれ」や、「世界一難しい恋」などでの存在感が光る演技と、バラエティ番組での魅力的なトークなど、幅広いジャンルでの活躍が注目されている清水富美加が決定した。

TVドラマ「デスノート」では夜神月を見事に演じきり、称賛を受けた窪田だが、本作の主演決定に際し「自分もビビっているのが本音です」と人気原作の実写化に挑む不安を吐露。「ファンの方の大切な大切な東京喰種という作品。誠に微力でありますが金木研くんという大役に寄り添い、深く大事に演じさせてただきたく思います」と気を引き締めている。

実写映画化発表以降、原作ファンを中心に大きな注目を集めている本作。
原作者の石田スイ氏は「実写化に関して、もちろん不安はあります」と率直な想いを語る。「映画の製作側の方々が本当に根気良く、原作者である自分の意見を聞いてくださっていて、自身の不安は少しずつですが取り除かれました」「『健全な環境でつくればちゃんと良いものが出来るんだ』ということを、監督の萩原健太郎さんには、証明していただければ良いな、と願っております」とコメント。
これを受けて、メガホンを握る萩原監督は「石田先生の想い、そして原作ファンだけでなく映画ファンの想いを裏切らぬよう、全身全霊で挑みます」と力を込めた。

その他のキャストは今後の続報を待ちたいところだが、原作の石田氏は映画のキャストについて「主役の方々もそうですが、『まさかこの人が…』という方も中には紛れ込んでいて、その方々に関しては、もう普通にファンとして観ちゃうなあ、と今から感じております。純粋にどうなるか楽しみです」と話しており、期待が高まるところだ。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は、2017年夏全国公開。

■金木研(カネキ)役:窪田正孝コメント

この度、実写版映画 東京喰種で金木研役を演じさせていただくことになりました窪田正孝です。
初めて原作を読ませていただいたとき物語に吸い込まれるように、のめり込むように次へ次へとページをめくっていました。
たくさんの原作ファンの方の意見、思いがあると強く受け止めています。
石田スイ先生のメッセージも読ませていただきました。
有り難すぎるお言葉に気持ちが救われました。ただ実際は自分もビビっているのが本音です。
先生をはじめ、ファンの方の大切な大切な東京喰種という作品。
誠に微力でありますが金木研くんという大役に寄り添い、深く大事に演じさせてただきたく思います。
いち原作ファンとして。
石田先生、原作ファンの方、東京喰種の名に恥じないよう現場でスタッフキャストの皆さんと精一杯作り上げて行きたいと思いますので、どうかよろしくお願い致します。

■霧嶋董香(トーカ)役:清水富美加コメント

私と霧嶋董香ちゃんは、真逆のタイプだと思います。自分は平和にぬくぬく生きてきたなぁとも思います。生まれてから大した地獄を知らなければ、見たこともないです。故に、どういったものを、どのように、どのくらい削ぎ落とさなくてはいけないのか、どのくらい自分を追い込まなくてはいけないかということが、計り知れないことは分かります。声をかけて下さった方々に後悔をさせたくない、という思いと、役を頂いた以上、物語の持つテーマを感じとっていただけるように、いや、そのテーマが何かも今は分からないのですが、詰めて詰めて、撮影が終わったら死んでもいいくらいの気持ちで真摯に作品に望んでいきたいと思っております。

■萩原健太郎監督コメント

石田先生の想い、そして原作ファンだけでなく映画ファンの想いを裏切らぬよう、全身全霊で挑みます。主演の窪田正孝さんとヒロインの清水富美加さんをはじめとする最高のキャスト陣、いつも全力で支えてくれる心強いスタッフ陣と共に、原作と真摯に向き合い、準備を進めています。僕らの想いはただ一つ。純粋に「面白い映画が作りたい」、ただそれだけです。人を食べる事でしか生きていけない化物・喰種たちを通して、“人間らしさ”とは何かを問う作品にしたいと思っています。見ていてください。

■ストーリー:

人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは人体のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。
ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた知人のリゼという少女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。カネキは愛する人や友人とどう向き合うか葛藤する中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いが始まるのだった…。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top