AKB48、プレミア上映で舞台挨拶 次世代・込山榛香「大きな決断をできる人に」

AKB48

AKB48のドキュメンタリー映画第5弾『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』のプレミア上映会が30日、東京・台場のシネマメディアージュにて開催。上映後にはAKB48の入山杏奈、大和田南那、柏木由紀、木﨑ゆりあ、小嶋陽菜、込山榛香、島崎遥香、峯岸みなみ、宮崎美穂、向井地美音、横山由依、渡辺麻友、そして本作を手がけた石原真監督が舞台挨拶に立った。



AKB48を初期から知る石原監督が手がけた本作について渡辺麻友は、「昔からAKBを応援してくださっている石原さんが監督してくださったので、玄人目線の撮り方というか、ファンだからこそ作れる作品だと思った。ファンの方にも喜んでもらえる作品になったんじゃないかと思います」と完成した作品に太鼓判。
柏木由紀は「今回のドキュメンタリー映画は今まで以上にいろんな出来事が描かれていて、たくさんのメンバーの覚悟だったり、挑戦だったり、挫折だったり、涙もたくさんあったと思うんですけど、今までの映画よりもポジティブに描かれているというか、AKBの将来に繋がるような、見た後にこれからAKBを応援したいなと思っていただけるような作品になっていて嬉しかったです」と感想を述べた。

本作には、すでにグループを卒業したメンバーやAKB48からJKT48へ移籍し、現在はジャカルタで活躍する仲川遥香らのインタビューも収められている。
近年、女優としても活躍している島崎遥香は「1人1人の卒業後の道があって、私もいつかは卒業というものが訪れる。私の将来はどうなるんだろうなってすごく楽しみにもなりました」としみじみ。
5期生の宮崎美穂は、現在焼肉屋を経営する内田眞由美について「同期でまさか焼肉屋さんをオープンするとは思ってなかった」といい、「私もいつアイドルを辞めて焼肉屋さんをオープンするのかと思うと楽しみ。『焼肉屋をやりたい』と思ったらその時が卒業なのかなと」と話して会場を笑わせた。

15期生で現在17歳の込山榛香は、「海外は言葉とか文化が全然違うけど、歌っているのは48グループの曲で、やっぱり48グループなんだなって、海外に仲間がいることを心強く思いました」といい、「仲川さんをはじめ、海外に行った先輩たちはすごい大きな決断をしたので、私もいつかはAKB48のために大きな決断をできるような人になりたい」と刺激を受けたようだった。

最後に総監督の横山は「『存在する理由』っていうタイトルなんですけど、みなさんがこうして劇場に足を運んでくださったりすることで私たちは存在できる。その理由をこれからも探し続けていくのがこれからのAKB48なのかなと思う。是非、全国の劇場で御覧ください」と挨拶して舞台挨拶を終えた。

なお、本作の主題歌が書き下ろしの新曲「あの日の自分」であることが同日解禁された。
歌唱メンバーは入山杏奈、大島涼花、大和田南那、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、込山榛香、島崎遥香、高橋朱里、谷口めぐ、峯岸みなみ、宮崎美穂、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友の20名。発売は未定となっている。

『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』は7月8日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top