蒼井優主演「アズミ・ハルコは行方不明」に高畑充希・太賀ら注目の若手が集結

「アズミ・ハルコは行方不明」キャスト解禁

山内マリコの小説を蒼井優主演で実写映画化する『アズミ・ハルコは行方不明』の全キャストが発表された。



本作は、山内マリコの初の長編を『ワンダフルワールドエンド』『私たちのハァハァ』の松居大悟監督が映画化。
国道沿いの郊外の街で、ある日突然姿を消したOL安曇春子。彼女が消えた街に、捜索願いのポスターをパロったグラフィティアートが不気味に拡散されていく。やがてネットでは、男性を無差別に襲う謎の少女ギャング団と、アズミ・ハルコのグラフィティアートの関連が噂され始める――。
ハルコはどこへ消えたのか? 彼女が消えるまでと、消えた後の二つの時間を交錯させながら、現代女子の生きざまを描きだす、緊迫感溢れるサスペンス×ポップな青春ムービー。

行方不明になった主人公アズミハルコを蒼井優が演じ、その相手役としてシンガーソングライターの石崎ひゅーいが映画初出演することがすでに発表されていたが、このほど全キャストが解禁となった。

アズミハルコの顔をグラフィティアートとして街中に拡散する若者集団を、高畑充希、太賀、葉山奨之の3人が演じる。
また、不可思議な事件がたて続く町の交番の巡査を演じる加瀬亮をはじめ、菊池亜希子、芹那、落合モトキ、山田真歩など個性的な面々が顔を揃えた。

大賀演じる中学の同級生に好意を寄せ、彼と一緒に居たいという一心で、グラフィティアート活動に参加するハタチのギャル・アイナ役の高畑は「到底私の手には負えなさそうな、幼さと足りなさと爆発力を持った、でも守ってあげたくなるような。どんな風にお近づきになればいいか分からない女の子でした」と役どころの第一印象を語る。「撮影中は沢山沢山悩みましたが、松居監督が同じ目線で一緒に悩んで走ってくれたことや、大好きな蒼井優さんが寄り添って守ってくれたこと、年齢の若いチームのパワーに引っ張られて、なんとか乗り切れました。どんな風に皆さんのもとにこの作品が届いてゆくのかが、とてもとても楽しみです」とコメントを寄せている。

映画『アズミ・ハルコは行方不明』は2016年12月公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top