有村架純、艶やか浴衣姿で登場 「月に行きたい」と短冊に願い

「auxHAKUTO MOON CHALLENGE」アンバサダーに就任した篠原ともえと有村架純

女優の有村架純が、世界初の民間による月面探査レース「Google Luner XPRIZE」に挑戦する「auxHAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダーに就任し、7日、都内で行われた就任式に出席した。


本チャレンジでは、日本から唯一参加するチーム「HAKUTO」をauが通信技術等でサポート。今後、Google Luner XPRIZEのミッションのひとつである月面を撮影した高解像度の動画、静止画データ送信において、auが持っている知見をもとに最適な圧縮技術の検討を進めていくほか、現在開発中のローバーのフライトモデルの検証試験などを共同で行う予定。

この日は七夕とあって艶やかな浴衣姿で登場した有村は「すごく大きな挑戦をされるということなので、皆さんにこの活動を知っていただくために、私もアンバサダーとして、お力になれたら」とコメント。「頑張ってほしい」とチームに期待を寄せた。


イベントでは、七夕にかけて、HAKUTOのように自身で挑戦してかなえたい願いを発表。
「月に行きたい」と短冊に書いた有村は「宇宙自体がすごく幻想的で行ってみたい場所。行くとしたらまずは月なのかな」と目を輝かせる。auの「三太郎CM」シリーズでかぐや姫を演じているだけに、MCから「“かぐちゃん”ですもんね。ここでCM撮影ってことでしょうかね」と言われ、微笑みを返していた。

アンバサダーには有村のほか、篠原ともえ、人気漫画「宇宙兄弟」、ロックバンドのサカナクションが就任。
「宇宙兄弟」のコミック28巻に登場している篠原は、イベントに同席した同作の編集者・佐渡島庸平氏に以前「出たいです」とお願いしたところ、出演がかなったと明かし、隣の有村に「いつか出たいですよね?お願いすれば出られるんですよ」とけしかける一幕も。
佐渡島氏が了承すると「『宇宙姉妹』でもいいんですよ」とさらにグイグイ迫り、有村と並んで「宜しくお願いします」と頭を下げた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top