乃木坂46生駒里奈、舞台「こち亀」出演に歓喜 七夕の願いは「筋力がつきますように」

成功を祈願した舞台版「こち亀」キャスト

乃木坂46の生駒里奈が7日、葛飾区亀有の香取神社で行われた舞台版「こちら葛飾区⻲有公園前派出所」の成功祈願イベントに出席した。


本作は集英社「週刊少年ジャンプ」にて1976年にスタートし、現在も連載中の秋本治原作の国民的ギャグ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年特別企画として10年ぶりに舞台化。

「毎週ジャンプを買っているジャンプファンなので、ジャンプの作品でしかも40年の歴史ある作品に携われるのが、鼻血がでる程嬉しい。こうやって囲み取材をしていることも、今日暑いから夢なんじゃないかと思っています」と夢見心地。テレビアニメでも両津勘吉役の声優を務め、舞台でも同役で主演するラサール石井が、両津勘吉の声で「生駒ちゃん、よろしくね」と話かけると、「もう、こういうの……ありがとうございます」と感激しきり。
上演に向けて「自分の力はまだまだ伸ばしていかなきゃいけないので、『こち亀』に華を添えられるように一生懸命頑張ります」と意気込みを語った。

イベントには生駒、ラサール石井のほかユージ、原幹恵、池田鉄洋、⻘柳塁斗、味方良介、章平、北園涼、福澤侑の10人が出席。
この日は七夕ということで、祈祷と参拝を終えた10人は、それぞれの願いを書いた短冊を笹に飾った。
「筋力がつきますように」と書いた生駒は「この夏、稽古にちゃんとついていけるように筋力をつけて、舞台に挑みたいと思います」とコメント。
ラサールから「でもアイドルの踊りを踊ってるだけで筋トレになってるんじゃない?最近、乃木坂も激しいの踊ってますよね?」と聞かれると、「昔はふわふわ系だったんですけど、最近ずっと跳ねる系で……そしたら腰が痛くなって、やばい」と切実な思いを吐露していた。


中川圭一役のユージは本作が初舞台。「『ラサールさんはとにかくいい人だから、ラサールさんなら大丈夫』って森下千里ちゃんが言ってました」と、2006年に上演された「こちら葛飾区亀有公園前派出所 ~30周年だよ!おいしいとこ取りスペシャル!!」に出演した森下から助言をもらったことを明かすと、ラサールは「僕の舞台はとにかく役者全員が仲良くなるんですよ。森下千里ちゃんがやった時は、終わってからみんなで温泉行きました」と10年前のエピソードを披露。「たいていアイドルで出てる子は『行く行く』って言って、後でスケジュール聞くと、マネージャーがダメって言われるけど、その時は全員行きましたよ」と懐かしんだ。
報道時から「では生駒さんのスケジュールが気になるのでは?」と質問が飛ぶと、生駒は「絶対行きたいです」と満面の笑みでラサールを安心させていた。

舞台版「こちら葛飾区⻲有公園前派出所」は、2016年9月9日(金)から19日(月・祝)まで、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。その後、9月23日(金)から25日(日)まで大阪・梅田のサンケイホールブリーゼで大阪公演を行う。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top