神木隆之介、大ファンの新海誠作品出演に感無量 「新海監督とカフェにいきたい」と短冊に願い

「君の名は。」完成披露試写会

ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の最新作『君の名は。』の完成披露試写会が7日、都内の劇場で行われ、声優出演した神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、谷花音、市原悦子、そして新海監督が舞台挨拶に登壇した。


かねてより新海監督の作品の大ファンという神木隆之介は、「この作品に携わらせていただくことが本当に嬉しくて嬉しくて、今ここに立てているのが本当に幸せです」と喜びいっぱい。
「信じられないくらい嬉しくて、本編を録る前に特報を上白石さんと2人で録ったんですけど、その時に2人で『ああ、いい映画だね』って、言った後で『あ、俺らが録るんだ』って。現実味がないくらいすごく嬉しかった。なので、本当に誇りに思っております」と感慨深げに語ると、新海監督は「神木さん本当に僕の作品詳しくて、僕が忘れてることをたくさん語ってくるんですけど、『あ、覚えてないっす……』みたいな」と苦笑。
肝心の声優ぶりについては、「僕がキャラクターに求めている声のトーンみたいなものを真っ直ぐ差し出してくださって、勉強熱心な方でもあるし、本当に好きでいてくれてるんだなっていうのを実感しました」と太鼓判を押していた。

この日は七夕ということで、キャスト陣は短冊に願いを込めることに。
「新海監督とカフェに行きたい」と書いた神木は、「新海さん大好きなので、もっともっとお話ししたいんですよ。でもなかなかお話しできる機会もなく、話す時間が欲しい」と切実な願いを吐露。
「食事っていうよりカフェに行きたいです。ゆっくり開店から閉店までいます」と熱く語るも、新海監督は「ちょっと重いです」と神木の熱量に圧倒されていた。

本作は夢の中で入れ替わる少年と少女の恋と奇跡の物語。「もし異性に入れ替わったら」という質問に、神木は「カラオケに行って女性ボーカルの歌を歌い尽くしたい。カラオケ直行ですね」と夢を膨らませていた。

映画『君の名は。』は8月26日(金)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top