綾野剛&妻夫木聡、ゲイカップルの役づくりで親密に 高畑充希は「見ていて苦しくなった」

ゲイのカップルを演じた綾野剛と妻夫木聡(左から)

俳優の綾野剛と妻夫木聡が11日、都内で行われた映画『怒り』の完成報告会見に出席した。


第34回日本アカデミー賞全13部門15賞に輝いた映画『悪人』の原作・吉田修一と監督・李相日が再びタッグを組む本作は、八王子で起こった夫婦惨殺事件が未解決のまま1年が経過し、犯人の有力情報も得られぬなか、東京・沖縄・千葉に現れた3人の前歴不詳の男と3組の登場人物による3つのストーリーが並行して展開する群像ミステリー。

東京編では、妻夫木演じる大手通信会社に勤めるエリートサラリーマンの藤田優馬が、ある日パーティで綾野演じる住所不定無職の男・大西直人と出会い、恋人となる。
ゲイのカップルという難役を初共演となる綾野とともに演じきった妻夫木は「今回は役づくりでこんなにお金使ったことないってくらいいっぱいお金を使って、(新宿)2丁目に通ったりとか、ゲイの友達と一緒にパーティしてみたり、いろんなことをやったんですけど、中でも剛とは一緒に住んでみたりもしたし、いろんな思い出が残っている」と、撮影期間中に同居をはじめ、役づくりのためにオフの時間も生活をともにしていたことを明かした。

妻夫木は「こんなにも1つの作品に向かう姿勢というのが、同じ目線で同じ気持ちでいれた人は初めてだった。この出会いには感謝しかない」と綾野の役者魂にシンパシーを感じたようで、「剛がいたからこそ僕は優馬として生きることができたし、たぶん剛も同じように僕のことを思ってくれてると思う。だからお芝居をするというよりも、その2週間半の中で、僕たちは生きるだけでよかった」と濃密な撮影期間を振り返った。
妻夫木の言葉を受けて、綾野は「素直に嬉しいです。すべてが愛おしい時間でした」と回顧。役づくりについて「そこまで持っていくのに一筋縄ではいきませんでした」と苦労をにじませつつも、「同じベクトルに向かって妻夫木さんと(役づくり)できたのが本当に幸せでしたね」と言葉を噛み締めた。

また、そんな2人と同じ東京篇に出演する高畑充希が「お芝居をしてない時に、お互いがお互いのことを話している時の顔がすごくいい顔で、お互いのことがすごく好きなんだなと思って見ていたら、すごく(胸が)苦しくなりました」と話して、周囲の笑いを誘う一幕もあった。


この日の会見には綾野、妻夫木のほか、主演の渡辺謙をはじめ、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、宮崎あおいらキャスト12人と企画・プロデュースの川村元気、原作の吉田修一、李相日監督の15人が出席。

『許されざる者』(2013)に続き2度目の李組となった渡辺謙は「今年は『日本を代表する豪華キャスト』という作品が今年はたくさんありまして、代表するかどうかは別として素晴らしい俳優たちが、それぞれパートが分かれてはいるんですけど、魂をぶつけあうような映画になったと思います。そしてそれをリードしていた李相日という素晴らしい監督に経緯と尊敬を表するばかりです」と完成した作品に自信をみせた。

映画『怒り』は9月17日(土)より全国で公開。

宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top