EXILE TAKAHIRO&三代目JSB登坂広臣がフィリピンで続編ロケ「1ヶ月毎日一緒に過ごした」

『HiGH&LOW THE MOVIE』初日舞台挨拶

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣、今市隆二、劇団EXILEの佐藤寛太が16日、都内の劇場で映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の初日舞台挨拶を行った。


雨宮兄弟の三男・雨宮広斗を演じた登坂は、印象深いシーンに、普段三代目J Soul Brothersとして活動を共にしているELLYが演じた「MIGHTY WARRIORS」のリーダー・ICEと1対1で戦うシーンを挙げ、「ELLYと稽古を積んで、1対1で本気でぶつかりながら、だけど怪我しないようにアイコンタクトとりながら、息のあった芝居ができたのは印象深い」と撮影を振り返り、「しかもELLYはボクシングやってたので、パンチが当たったらただじゃ済まないなと思って、本気で避けながらやっていたので、それが迫力のある映像になっていたら」と本作の見どころを語った。

この日は出演者が札幌、名古屋、大阪、福岡の劇場にも駆けつけ、初日舞台挨拶の同時生中継を実施。
札幌の劇場には青柳翔と早乙女太一、名古屋には岩田剛典と山本彰吾、大阪にはAKIRAと小澤雄太、福岡にはTAKAHIROと八木将康がそれぞれ登壇した。

同日、本作の続編『HiGH&LOW THE RED RAIN』の公開と、雨宮兄弟の長男を俳優の斎藤工が演じることが発表されたが、雨宮兄弟の次男・雨宮雅貴を演じたTAKAHIROは「これまで長男も含めて謎に包まれていた兄弟だったんですけど、雨宮兄弟の過去だったり今だったり、いろんなところを掘り下げた映画が公開されますので、みなさん楽しみにしていてください」と雨宮兄弟が中心となる続編をアピールした。
第2弾映画では海外ロケも敢行。TAKAHIROは兄弟役の登坂と「フィリピンで1ヶ月くらい毎日一緒に過ごした」といい、「ずーっと家族以上に登坂といたので、プライベートでも本当の兄弟なんじゃないかっていうくらい。プールサイドで7時間昼寝したりとか。楽しかったね、臣ちゃん?」と名古屋から呼びかけて東京・名古屋の両会場を沸かせた。

舞台挨拶では5元中継を結んだまま、“HIGH or LOWクイズ”も実施。キャストたちは各会場ごとに観客と相談しながら回答を考え、ファンとともにイベントを楽しんだ。

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』は本日16日より公開。続編『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top