マジカル・パンチライン、メジャーデビューに感涙 佐藤麗奈「ありがたいし、幸せ」

マジカル・パンチライン

元アイドリング!!!の佐藤麗奈率いるアイドルグループのマジカル・パンチラインが20日、ミニアルバム『MAGiCAL PUNCHLiNE』をリリース。同日、東京・池袋サンシャインシティにてデビュー記念イベントを開催した。



イベント最後の挨拶では浅野杏奈が「私たちは結成から半年、みんなで突っ走ってきました。優しく温かく見守ってくれたファンの皆さんにとても感謝しています」と話しながら涙ぐむと、ほかの4人も釣られたように次々と目に涙を浮かべた。
続く、最年少13歳の小山リーナは「こんなにたくさんの人に来ていただけて嬉しいです。経験も浅くて全然わからないこともたくさんあるけど、これから経験を積んでいきたい」と言葉を詰まらせながら話し、同じく13歳の清水ひまわりは「1年前は今アイドルやってるなんて思ってなかったです。私が今アイドルをやれているのはファンの皆さんの応援に励まされたから」とファンに感謝を伝えた。
また、最年長18歳の沖口優奈は「デビュー前からたくさんの人が応援してくださって感謝しています。これからもっともっと成長して、たくさんの人に知ってもらって好かれるようなアイドルになれるように頑張ります」と決意を新たにした。

佐藤麗奈

佐藤麗奈

昨年10月までアイドリング!!!のメンバーとして活動していたリーダーの佐藤麗奈は「去年の10月にアイドリング!!!が終わって、アイドルを続けたいっていう強い気持ちがあって、(グループを)作ってもらっただけじゃなく、オーディションに立ち会ったり衣裳をデザインしたり、プロデュースっぽいことも、こんな17歳のクソガキにやらせていただいた」と瞳を潤ませる。
「アイドリング!!!の頃は最年少だったのが、今はリーダーになったりして、立場も逆転して、わからないこともいっぱいあったけど、こうやってたくさんの方の前でデビューできたってことはすごいありがたいことだし、幸せだなって思います」とメジャーデビューの実感を噛み締めた。

その後、デビューミニアルバムがオリコンデイリーランキング5位に入ったことが速報で伝えられると、佐藤は「皆さんに感謝しなきゃと思います」と喜びを露わにしつつ、「もっともっと頑張っていかなきゃ、みんなどっか行っちゃから。DD(誰でも大好き)だから」とメンバーに檄を飛ばして会場を笑わせた。

イベントでは「Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン」を含む2曲を披露したほか、グループのコンセプトである“魔法”にちなんで、マジシャンのRYOTAによる“魔法学校の公開授業”を実施し、ファンを沸かせた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top