土屋太鳳&竹内涼真、身長差30cmのキスシーンに苦戦「ラブという名のアクション」

映画『青空エール』完成披露舞台挨拶

女優の土屋太鳳と俳優の竹内涼真が21日、都内で行われた映画『青空エール』の完成披露舞台挨拶に出席。意外なキスシーンの失敗談を明かして会場を沸かせた。



北海道・札幌の野球と吹奏楽の名門・白翔高校を舞台に、甲子園を目指す野球部員と彼を応援するために吹奏楽部に入部する女子生徒が、支えあい、惹かれあいながら成長していく姿を描く本作。
初心者ながらも吹奏楽部に入部しトランペットを始める主人公・小野つばさを演じた土屋は身長155センチ。それに対し、甲子園を目指す野球部員で、つばさと惹かれ合いながら、ともに夢に向かって進む山田大介を演じた竹内涼真は185センチの長身と、その身長差は実に30センチ。

土屋太鳳と竹内涼真

土屋太鳳と竹内涼真

土屋は「つばさちゃんと大介くんの恋愛ってすごく素敵なんですけど、実際にこうなるとすごく危険というか、ラブという名のアクションって感じ」と話して会場を笑わせた。
竹内も「この身長差のキスって、ものすごい難しいんですよ」と力説。「1回、本当に届かなくて外しちゃった」と失敗談を明かし、「鼻にしちゃって、太鳳ちゃんにキラキラした目で『涼真くん、外したね』って言われて、すっげえ恥ずかしかった」と苦笑いを浮かべていた。

本作で演じた役柄同様、人生で初めてトランペットに挑戦した土屋。
「本当に部活の一年生の気分でした。原作ではトランペットに“ニコちゃん”と名前を付けているので、私も原作に合わせて“ニコちゃん”と名前を付けて、愛情をかけていました」と撮影秘話を明かしていた。

舞台挨拶には土屋、竹内のほか、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平祐奈、山田裕貴、志田未来、上野樹里、そして三木孝浩監督が出席。
登壇時には映画にエキストラとしても参加した国立音楽院ブラスバンドチーム30名による演奏をバックに1人ずつ登場し、観客から「かっ飛ばせ〜!太鳳〜!」といったエールを受けた。
映画『青空エール』は8月20日全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top