[Interview]「あゆみが変わっていく部分を大切に演じた」前田希美、“いこのんコンビ”第3弾に早くも意欲

前田希美

人気ホラーゲームシリーズを乃木坂46・生駒里奈主演で実写映画化し、高いスクリーンアベレージを記録した映画『コープスパーティー』。その続編である『コープスパーティー Book of Shadows』が公開を迎える。本作で、前作同様、生駒演じる直美の親友でありながら、恋のライバルとして複雑な感情を持つ高校生・あゆみを演じたのがモデルで女優の前田希美だ。

前作公開後「本気であゆみのことが嫌いになりました」という意見をもらったことがとても嬉しかったという前田。モデルや声の仕事など、幅広いジャンルで活躍する彼女にとって女優という仕事はどんな位置づけなのだろうか。

■「嫌いになりました」と言われて嬉しかった

前田希美

前田希美

前田演じるあゆみは、ゲームキャラとして人気があるが、映画では好きな人への嫉妬心から周囲を混乱に巻き込むという一面もクローズアップされ“嫌な子”と思われるキャラクターだ。予想通り公開後には「『すごくあゆみが嫌いになった』という意見をいただきました」と語る。しかし、その表情は笑顔だ。「女優としては、嫌な役を演じて、その通り評価されるってすごく嬉しいです。悪女とか嫌な役って演じていて楽しいし、やりがいもあります」と目を輝かせる。

ファッション誌のモデルとしても活躍する前田だけに“嫌な奴”と思われるような役柄には躊躇してしまうのでは……と勘ぐってみるが「嫌な役ばかりだったら、どうせだったら本当に嫌な奴になってみようって思ったりするかもしれませんが、あまり気にしないですね。『コープス・パーティー』に出演させてもらってから、悪役のお話もいただきましたし、幅が広がったのかなって思うんです。と言っても、あゆみちゃんは悪役ではないですけれどね(笑)」と前向きだ。「サイコパスや殺人鬼でも?」という問いかけにも「やりましょう!」とニヤリ。

■“いこたん”の気持ちが伝わった

「コープスパーティー Book of shadow」場面写真

「コープスパーティー Book of shadow」場面写真

本作では、生駒との共演シーンが多い。台本を読んだ時にはとても嬉しかったという。「前作はあまり同じシーンがなく、一緒の撮影もほとんどなかったんです。もっと二人のシーンをやりたいなって思っていたので、今回は撮影前からワクワクしました。実際の撮影では、いこたん(生駒)から頑張ろうという気持ちが伝わってきて、すごく乗っていけました。頬を叩かれるシーンがあるのですが『もっと強く叩いていいよ』なんて言ったり……。とても楽しかったです」。
 
叩かれる場面以外にも、アクションシーンや走り回ったりと動きのあるシーンが多く、相当ハードな撮影だったのでは……と想像できる。「前半は割とゆったりしていたのですが、後半はスピード感のあるシーンが多く、とてもハードでした。私は運動が本当に苦手で、走るどころか出来るなら歩きたくないと思っているタイプなんです(笑)。暑いのとかも苦手なので、本当に辛かったです。でも思い切りみんなで走るシーンなどは青春みたいで新鮮でした」。

■私も割とやきもち焼きなんです!

前田希美

前田希美

1作目では負のイメージを引きずってしまっていたあゆみだが、本作では精神的に強く成長していく姿が描かれている。「(山田雅史)監督ともお話したのですが、あゆみが変わっていく部分をしっかりつかみたいと思っていたので、その部分は大切に演じました」と演技プランを語った前田。自身と似ている部分、似ていない部分を尋ねると「あゆみちゃんって嫉妬深いじゃないですか。私も態度や言葉には出しませんが、割とやきもち焼きなので共感が持てました。でも私は、学級委員とかみんなをまとめるのは苦手なので、そういう部分は似ていませんね」と回答。

さらに「団体行動が苦手なんです」と呟いた前田。それでも「だからと言って、こういうお仕事していると個人行動ばかりもできないですよね。特に舞台などは『みんなで一つのことに向かって頑張るぞ!』みたいな感じなので、しっかり溶け込もうという気持ちを持てるようになりました」と笑顔で語る。

■この夏はお祭りやバーベキューなどアクティブに行動したい!

前田希美

前田希美

6月16日には23歳の誕生日を迎えた前田。「これまではいろいろ挑戦することを目標にしてきましたが、ただ挑戦するだけではなく、やったことを自分の中に身に付けて自信にしていきたいですね」と抱負を語ると「この間、普通の女の子の役をいただいたのですが、すごくナチュラルな芝居が難しくて……。最近特殊な役ばかりだったので、戸惑いましたね。もう少し自然なお芝居を勉強したいです」と女優としての課題を挙げる。プライベートに目を向けると「家にいるのが好きと言いましたが、今年はちゃんと外に出ようかなと思っています。お祭りとかバーベキューとか、夏っぽくアクティブに活動したいです」とはにかみながら語ってくれた。

「あゆみちゃんの心境の変化をしっかり演じたつもりなので、そういう部分を観て欲しいです。また、あゆみ以外にも色々な役柄の人に感情移入できる作品になっています」と見どころを語った前田。前作はスマッシュヒットを記録し、続編製作が決まった。本作にも大きな期待がかかるが「第3弾の準備も出来ています!」とさらなる続編へ向けて意欲満々の様子だった。

(取材・文・写真:磯部正和/メイク:松田蓉子)

■『コープスパーティー Book of Shadows』
2016.7.30(土) シネ・リーブル池袋・立川シネマシティほか全国順次ロードショー
&同日ニコニコネットシネマ公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top