齊藤工「したまちコメディ映画祭」上映イベントに登壇決定 監督最新作の制作報告も

「ラブレター 」(C)DAIZ

俳優で近年は映画監督としても意欲的に活動している齊藤工が、今年9月に東京・台東区で開催される「したまちコメディ映画祭 in 台東」に参加することが明らかとなった。


「したまちコメディ映画祭 in 台東」(通称「したコメ」)は、文化芸術の街・上野と喜劇発祥の地・浅草を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典。第9回を迎える今年は、9月16日(金)から19日(月・祝)まで開催される。

齊藤工

齊藤工 (C)大川晋児

齊藤が登壇するのは「したコメ」最終日となる9月19日(月・祝)に上野・不忍池水上音楽堂で実施される「THE BLUE HEARTS ショートフィルムセレクション in したコメ」。80年代から90年代のロックシーンを駆け抜け、今なお伝説的な人気を誇るロックバンド・THE BLUE HEARTSの楽曲をテーマとしたショートフィルム5作品を上映するイベントで、齊藤はそのうちの一篇、井口昇監督作品『ラブレター』に出演している。
また、イベントでは齊藤の監督最新作についての制作報告も行われる予定だ。

同イベントでは、齊藤工、要潤、山本舞香ら出演の『ラブレター』のほか、尾野真千子、角田晃広ら出演の『ハンマー(48億のブルース)』(飯塚健監督)、市原隼人、高橋メアリージュンら出演の『人にやさしく』(下山天監督)、優香、内川蓮生、新井浩文出演の『少年の詩』(清水崇監督)、永瀬正敏、水原希子ら出演の『ジョウネツノバラ』(工藤伸一監督)が上映される。

■公式サイト:www.shitacome.jp



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top