広瀬すずと山崎賢人の役づくりに共演の石井杏奈&中川大志が感嘆の声

映画『四月は君の嘘』完成披露舞台挨拶

映画『四月は君の嘘』の完成披露試写会が3日、都内で行われ、広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、新城毅彦監督が舞台挨拶に登壇。広瀬と山崎の役づくりに共演の石井、中川が感嘆の声をあげた。



本作でヴァイオリニストの宮園かをりを演じた広瀬と天才ピアニストの有馬公生を演じた山崎はクランクインの半年前から、未経験だったそれぞれの楽器の練習をスタート。撮影が始まり、2人が実際にホールで演奏するシーンを観客席から見た中川と石井は「すごかった。最初見た時は鳥肌が立ちました」と声を揃えて絶賛。石井が「すごく刺激になりました」と話すと、中川は「自分たちも頑張んなきゃって思いました。あんなに賢人とすずが頑張ってるのに、自分何やってるんだろうと思って、帰り道走って帰りました」と話して会場を笑わせた。

1日平均で2時間、長い時は4時間練習したという2人。広瀬は「本当にゼロからのスタートだったので、大変でした。パッと見てわかるくらい音が違うのでごまかせないなと思って、細かく練習しました」と真摯に楽器と向き合ったよう。
そんな広瀬について、新城監督は「完璧主義。いくらやっても納得しなくて、4時間とか練習すると腕が上がらなくなるけれど、マッサージしながらやるくらい頑張ってた」とストイックな姿勢を回顧。「だからといって、賢人が頑張ってないわけないじゃない」と山崎の役づくりにも言及し、「賢人はどっちかというと楽しい感じ。どこかのフレーズが弾けるようになると楽しくなって、嬉しくなっちゃうタイプ」と、それぞれ正反対のアプローチで楽器に取り組んでいたことを明かした。

また、広瀬の完璧主義ぶりについては、モニターで演技をチェックする際に「周りは『OK』って言っても『もう一回』って言う。時間がない時とか大変ですよ」と苦笑い。広瀬は「本当に時間がないって現場がピリピリしてるのに、何回もやらせてもらってすいませんでした」と平謝りだった。

本作は新川直司による同名の人気漫画を、『僕の初恋をキミに捧ぐ』『潔く柔く』などを手がけた恋愛映画の名手・新城毅彦監督が実写映画化。ピアノが弾けなくなってしまった元・天才ピアニストと自由奔放で天真爛漫なヴァイオリニストとの恋を描く。9月10日(土)公開。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top