実写映画「東京喰種」第2弾キャスト発表 リゼ役は蒼井優・喰種捜査官に鈴木伸之&大泉洋

「東京喰種」第2弾キャスト

映画『東京喰種』のキャスト第2弾が発表され、劇団EXILEの鈴木伸之、女優の蒼井優、俳優の大泉洋の出演が明らかとなった。


本作は主演に窪田正孝、ヒロインに清水富美加を迎え、石田スイの人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」を実写映画化。
人の姿をしながらも人を喰らう怪人“喰種(グール)”と人間が共存する街・東京を舞台に、臓器移植によって半喰種となってしまった青年・カネキ(窪田)の数奇な運命を描く。

今回、出演が明らかとなった劇団EXILEの鈴木伸之は、喰種を駆逐しようとする組織・CCGの喰種捜査官、亜門鋼太朗役。喰種捜査官養成学校を主席で卒業するほどの秀才で、ハードなトレーニングにより高い格闘能力を持つ。上等捜査官・真戸呉緒のパートナーであり、彼に全幅の信頼と尊敬を抱いている。
その真戸呉緒を演じるのは、俳優の大泉洋。その鋭い勘と冷酷な手段も厭わない姿勢で様々な“喰種”を仕留めてきた実績がある。喰種によって家族を奪われた過去を持つ。
蒼井優が演じるのは、表向きは理知的で清楚な女性を振る舞っているが、本性は奔放かつ貪欲な大喰いの喰種の少女・リゼ。喫茶店「あんていく」に通う読書好きな青年・カネキに目を付け、捕食するため彼をデートに誘い出す。

映画『東京喰種』は2017年夏公開。

亜門鋼太朗役:鈴木伸之コメント

原作の一ファンとして、亜門鋼太朗がすごく素敵で魅力的な登場人物なので、身を粉にして今回演じさせていただきます。
真戸役に大泉洋さんとこの上ない方と、CCG側をしっかりチームワークを持ってやらせていただければと思います。不安と緊張ばかりで何もない僕ですが、体当たりで演じさせていただきますので、どうか宜しくお願い致します。

神代利世役:蒼井優コメント

私のまわりでもとても話題になっている作品で、知人から「面白いから読んだ方がいいよ!」と強く薦められたばかりだったので驚きました。漫画原作の実写化が難しいことに変わりはないので、映画がその壁をどう超えるのか楽しみです。スタッフ皆の想いが通じ合っている撮影現場の雰囲気をとても頼もしく感じています。気負い過ぎず頑張りたいと思います。

真戸呉緒役:大泉洋コメント

大人気コミックが原作ということもあり、出演のお話を頂いた時からとても緊張しています。真戸呉緒を演じさせて頂けることは役者として大きな挑戦であり、非常にやりがいを感じています。役と真摯に向き合い、皆さんの想いに応えられるように全力で頑張ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top