• フォトレポート
  • TOKYO POP LINEならではの高解像度写真満載でお伝えするレポート記事

SKE48&NGT48、TIF2016“HOT STAGE”で競演

SKE48とNGT48が7日、東京・台場、青海地区で開催中のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」(以下、TIF)に出演。2グループ続けての登場で満員のHOT STAGEを熱狂させた。


開催期間が3日間に拡大された今年のTIF。最終日、HOT STAGEのトップバッターに登場したのは、昨年に続いて2年連続3度目のTIF出演となるSKE48。
北川綾巴をセンターに据え、「恋を語る詩人になれなくて」から、後藤楽々センターの「Gonna Jump」、古畑奈和センターで「チキンLINE」と3曲続けてパフォーマンスし、持ち前のキレのあるダンスで観客を一気に引き込んだ。

MCでは昨年のTIFに引き続き、大矢真那がメンバーを紹介。
北川綾巴を「エース候補の1人」、東李苑を「絶対音感の持ち主。才能があるけど、困ったことにゆとりの代表で、ああ言えばこう言う」、二村春香を「セクシーボディなので、皆さんぜひ春ちゃんの太ももに注目してください」と3人を紹介し終えると、「去年はちょっとメンバーをけなしすぎてファンの方に怒られてしまったので、今日はちょっとアゲアゲで、ヨイショしました」と、やりきった表情を浮かべた。

ライブ後半は「パレオはエメラルド」「アイシテラブル!」など、この季節にうってつけのアッパーチューンを繰り出し、会場は興奮の坩堝に。ラストはさわやかな夏曲「ごめんね、SUMMER」で、最高潮の盛り上がりのままステージを終えた。

先輩・SKE48からバトンを受け取った国内48グループの末っ子・NGT48は、北原里英をセンターに「言い訳Maybe」からライブをスタート。「Everyday、カチューシャ」「重力シンパシー」とAKB48の人気曲をフレッシュにパフォーマンス。

MCでは、本間日陽が「TIFは総勢300組が出るそうなんですけど、NGT48はその中でもピカイチのパフォーマンスをしたいと思います!」と宣言すれば、キャプテンの北原も「会場にいるいろんなグループのファンの方をNGT48に推し変してもらえるように頑張ります!」と意気込んだ。

その後は「ヘビーローテーション」「君のことが好きだから」「大声ダイヤモンド」とAKB48の往年の名曲を並べ、最後はNGT48のオリジナル曲「MAXとき315号」で元気いっぱいのステージが終了。
“アイドル好き”だという山口真帆は「結成して1年のNGT48がTOKYO IDOL FESTIVALに出させていただけるなんて、とっても光栄です」とTIF初出演を喜び、「皆さんNGT48のファンになってくれましたか~? NGT48の地元・新潟までは東京から新幹線で2時間で行けるので、劇場にもぜひ遊びに来てください!」と会場に向かってアピールした。

「TOKYO IDOL FESTIVAL」は今年7回目を迎える世界最大級のアイドルイベント。今年は8月5日(金)から7日(日)まで3日間にわたって台場・青海周辺エリアで開催され、過去最大となる約300組のアイドルが出演する。

※記事初出時、本間日陽さんの表記に誤りがありました。訂正してお詫び致します。

■SKE48

■NGT48

関連記事