指原莉乃、プロデューサー就任で「ライバルはまゆゆじゃなくて秋元さんになった」

代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任した秋元康氏、指原莉乃、小室哲哉

代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任したHKT48指原莉乃が7日、同学院東京校にて行われたパネルディスカッションに出席。イベント後の囲み取材で、肩書きでは秋元氏と並んだことを記者から指摘されると、「もうこれからは私のライバルはまゆゆじゃなくて秋元さんになった」とおどけてみせた。


この程、アニメーションとエンタテインメントを融合させた新しいコンテンツを生み出し、業界の活性化を目指す代々木アニメーション学院のプロデューサーに、作詞家の秋元康氏、音楽プロデューサーの小室哲哉、つんく♂、そしてHKT48の指原莉乃が就任。
大物プロデューサー3人の中に混じった自分自身について、指原は「小物感がありますね」と恐縮しながらも、「小物すぎて逆にいいんじゃないかな。中途半端に名前があるとアレなんで」と開き直る。
3人に負けてない点については「みなさんインターネットに追いつけなくなってきたりとか、先日、秋元さんからも『スタンプってどうやって買うの?』って聞かれたので、ネットに関することは私が一番詳しいと思う。そこは(4人の)組み合わせでうまくやっていきたい」と自身の強みをアピール。これからどんなプロデュースをしていくのか問われると、「秋元さんの『0.1を1にする』じゃないけど、そういう仕事をしていくのかなって。ゆくゆくは代アニの生徒さんだけなじゃなく、ユニットのオーディションとかもしてみたい」とプロデュース業への意欲を語った。

エンタメ業界の未来について語られたパネルディスカッションでは、「アイドルブームがどうやったら長く続くのかなって考えることがあります。なるべく長く続いてくれれば」と自身の立場から気になる点を話した指原。秋元氏から、飽きられないために何が重要だと思うか問われると、「週刊誌が滅びたらいいんじゃないですかね? それだけでアイドルは長続きすると思う」とぶっちゃけて会場の笑いを誘った。
一方で、今までの人生で一番運が良かったと思うことについても、AKB48からHKT48に移籍したことを挙げ、「今のメンバーと出会えたのもあるし、(選抜総選挙の順位が)4位で移籍して1位になれた。それがなかったら一歩先には進めなかったと思うので、タイミングも良かった」とまさに“災い転じて福”とした出来事を振り返る。
囲み取材でも「その時はそんなことはとても言えなかったけど、いま考えて、あのタイミングでHKTに移籍できたのは運が良かったなと思う」としみじみ。記者から「ある意味、週刊誌のおかげでもある?」と聞かれると、「もう本当に週刊誌様様。毎週読んでます。週刊誌大好き」と手の平を返す発言で周囲を爆笑させていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top