菅田将暉・横浜流星ら扮するGReeeeNにJINも太鼓判 歌唱シーンの劇中写真が解禁

GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる物語を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く映画『キセキ ーあの日のソビトー』で、GReeeeNのメンバーを演じるキャストおよび場面写真が解禁された。


プロデューサー・JIN(ジン)役の松坂桃李、JINの実弟でGReeeeNのリーダー・HIDE(ヒデ)役の菅田将暉に加えて、今回新たに発表されたのは、navi(ナビ)役の横浜流星、92(クニ)役の成田凌、SOH(ソウ)役の杉野遥亮。
初めて買ったCDがGReeeeNのアルバムだという横浜流星は「顔を公表していない皆さんを演じることに、大きな責任とプレッシャーを感じながらも、楽しんで演じさせて頂きました」と撮影を回顧。
本作が映画初出演となる杉野遥亮は「アドリブも多かったり苦労もありましたが、毎日がすごく充実して楽しくて、一番最初に経験できたのがこの作品で本当に良かったと思います」と手応えを語っている。

©2017「キセキ ーあの⽇のソビトー」製作委員会

©2017「キセキ ーあの⽇のソビトー」製作委員会

4人は役づくりの上で各々が演じるメンバーの特徴を練習。さらに、「僕ら4人はいい雰囲気で、控え室でも菅田さんを中心に楽しくやらせてもらいました。4人で会う機会が何度もあったり、歌練習の合間にカラオケに行けたり、そういう空気を監督自らが作ってくれて、本当に助けになりました」と成田凌が語る通り、周囲の協力のもと4人の一体感を深めていった。

そんな4人の姿を見たGReeeeNのプロデューサー・JINは「私が見てもメンバーそっくりな瞬間を多々感じられるほどでした。そしてそれは仲の良さや、無邪気さ、そういった内面的なものにまで及び、当時から見てきたGReeeeNを思い出し涙が止まらなくなりました」と感慨深げに語る。松坂や菅田に「JINさん泣いてる!やったー!ウェーイ!」と言われたそうで、「恥ずかしくなりつつもお二人を始め、偉大な俳優の皆様方の仕事姿に自分もまた感銘を受け、自分もこういう仕事をしていこう、とまた新たに思いました。まだ映画は公開されてはいませんが、間違いなく心に残る映画になると思います」と作品に太鼓判を押している。

また、キャストの発表にあわせ、ライブで歌う4人の場面写真も公開された。劇中では彼ら自身の声でGReeeeNのヒットナンバーが披露される。クニ役の成田自身、「僕らの歌の完成版を初めて聴いた時、泣くぐらい鳥肌が立って、歌が好きになりました」と話しており、彼らの奏でるハーモニーにも期待が高まる。

映画『キセキ ーあの日のソビトー』は2017年新春の公開予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top