北川景子ら「破門」新キャストに関西出身俳優ズラリ 橋本マナミは初の愛人役

佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕がW主演する映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の新キャストが発表され、北川景子、橋爪功、國村隼、橋本マナミらの出演が明らかとなった。



映画は黒川博行の第151回直木賞受賞作「破門」を、『毎日かあさん』『マエストロ!』の小林聖太郎監督が実写化。佐々木蔵之介演じるイケイケやくざの桑原保彦と、横山裕演じる口だけは達者なぐーたら貧乏の建設コンサルタント・二宮啓之の凸凹コンビが、大阪を舞台に繰り広げる大追跡エンタテインメント。

「破門」第2弾キャスト ©2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会

「破門」第2弾キャスト ©2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会

大阪が舞台となる本作に、関西出身俳優たちの参戦が発表された。
横山演じる二宮が思いを寄せる美女・渡辺悠紀を演じるのは兵庫県出身の北川景子。映画では初となる全篇関西弁で佐々木&横山との掛け合いを見せた北川は「非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました」と語る。そんな北川の演技にはメガホンをとった小林監督も「大阪の気ぃ強いネエちゃん、ハマってます」と太鼓判を押している。

桑原と二宮を翻弄する小ズルいサギ師、映画プロデューサー・小清水隆夫役の橋爪功と、桑原が属する組織の若頭・嶋田勝次役の國村隼は、ともに大阪府出身。普段は関西弁で仕事では「カチンコが鳴ったら標準語」という國村は「今回は台詞も関西弁。それだって慣れた事だが、今回ばかりは何故だか不思議な経験をした。自分自身と役との境が曖昧になった様な変な感覚。小林監督の持つ独特の演出センスが原因かも知れない。いつの間にか彼の作品世界に引っぱりこまれてしまった」と撮影を振り返っている。

敵対する組織、滝沢組組長・滝沢には京都府出身の宇崎竜童、滝沢の補佐役で桑原を付け狙う初見に大阪府出身の木下ほうかが決定。そのほか、二宮の母・悦子をキムラ緑子、桑原の弟分・セツオを矢本悠馬、桑原の女、多田真由美を中村ゆりが演じる。

さらに、唯一関西出身ではないものの、橋爪演じる小清水の愛人・玲美役に橋本マナミが抜擢。「日本で一番愛人にしたい女」と誉れ高い橋本が、初めて映画で愛人役を演じる。
橋本は「橋爪さんのチャーミングでダンディな魅力に酔いしれながら現場をご一緒できたことはとても貴重な時間でした」と充実した撮影期間を振り返りながらも、関西弁での演技にはやはり苦労したようで、「私以外のキャストは全員関西出身という環境の中でちょっとのアクセントも狂いがないように練習しました。秘密を持つ役ながらも関西弁を披露しているところもぜひみていただきたいです」と語っている。

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日公開。

北川景子 コメント

激しいアクションの要素がありつつも、佐々木さんと横山さんの軽妙なやり取りがとても面白い作品でした。私はアクション部分に絡まない、お見合いばかりしているお気楽な女性の役柄ということで、平和な撮影でした。
大阪弁の役をいただいたことも非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました。大阪ロケでは本場のたこ焼きを食べられて嬉しかったです。
劇中は男の世界ですが、ぜひ女性の方にもご覧いただきたいです。

橋爪功 コメント

昔から、大悪党よりは小悪党、あたまに「小」が付く人物にやたらと魅かれる性癖は年をとっても相変わらずで、「小利口」「小生意気」「小賢しい」「小煩い」「小汚い」等々、些か食えない奴に目が無いというか…。だからこの役、一読して即はまってしまった。
しかも、このオッサン、名前が「小清水」で…もう最高!

國村隼 コメント

私は東京に住んで長くなったが、普段は関西弁だ。仕事の時はカチンコが鳴ったら標準語になる。でも、今回は台詞も関西弁。それだって慣れた事だが、今回ばかりは何故だか不思議な経験をした。自分自身と役との境が曖昧になった様な変な感覚。共演者が関西ネイティブばかりだったから?いや、何より小林監督の持つ独特の演出センスが原因かも知れない。いつの間にか彼の作品世界に引っぱりこまれてしまった。

橋本マナミ コメント

このたび玲美役で出演させていただきました。スリル溢れるストーリーに身を委ね、演じている側もドキドキしながら映画の一瞬一瞬を過ごさせていただきました。私は橋爪功さんと一緒のシーンが多く、橋爪さんのチャーミングでダンディな魅力に酔いしれながら現場をご一緒できたことはとても貴重な時間でした。役を習得する中でも難しかったのは関西弁です。私以外のキャストは全員関西出身という環境の中でちょっとのアクセントも狂いがないように練習しました。
秘密を持つ役ながらも関西弁を披露しているところもぜひみていただきたいです。
主役の佐々木蔵之介さん覇気迫る勢い!横山裕さんとのユニークなコンビ。ぜひ映画館で楽しんでいただけたら嬉しいです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top