中山美穂、愛憎劇で竜星涼を自分好みに「調教しがいがあった」

「連続ドラマW 賢者の愛」完成披露試写会

WOWOWの土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 賢者の愛」の完成披露試写会が19日、都内で行われ、出演の中山美穂、高岡早紀、竜星涼が舞台挨拶に登壇した。



ドラマは山田詠美の同名小説が原作。谷崎潤一郎の「痴人の愛」になぞらえて、主人公の女性が初恋の人と親友の間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教し、復讐の道具として仕立てあげていく愛憎劇を描く。
約2年ぶりの連ドラ出演、WOWOWドラマは初出演となる中山美穂が、美しさと賢さを併せ持つ凛とした大人の女性・高中真由子を演じ、真由子の初恋相手と結婚し、彼女の人生を狂わせる女性、澤村百合を高岡早紀が、百合の息子で、真由子に絶対の服従心を抱く青年の澤村直巳を竜星涼が演じる。

「こういう役どころが私自身初めて。原作と脚本を読んで『こういう展開のものをやったことがない。是非やりたい』と思いました」と新境地に挑んだ中山は、MCから「役に影響されたり、刺激を受けたりしたか」と聞かれると、「ものすごく調教しがいのある竜星くんだった」と冗談めかしつつ、「でも、そういうシーンはそんなにないんですけどね」と笑った。

その中山に調教される直巳を演じた竜星涼は「最初の撮影が中山さんとのキスシーンだったので、初日にこれ以外のシーンはなかったのかと思ったんですけど、考えてみたら他もなかなか濃厚なシーンばかりだったので、『なるほど』と。最初から刺激が強めでした」と撮影を回顧。「この役のおかげで挑戦することも結構ありましたし、なかなか中山美穂さんに調教される役もないですから、楽しみながらやらせていただきました」と振り返った。

一方、中山と高岡が最初に撮影したシーンは、2人が登場人物の20代の頃を演じた回想シーン。高岡は撮影を振り返って「本当に美穂さんが20代だった頃に皆さんがテレビで見ていた『中山美穂ってこう!』っていう姿で出てきたので、私は結構それが衝撃的でした」と印象を明かす。「大丈夫だったかな?」と心配する中山に「大丈夫でした!『ああ、美穂さんって中山美穂なんだ』って思った」と変わらぬ美貌を称えた。

ドラマにはほかに、真由子の母で朝加真由美、父で榎木孝明、真由子の初恋の相手、澤村諒一役で田辺誠一が出演。監督は映画『東京タワー』(2007)などのヒット作を手掛けた源孝志。

WOWOW土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 賢者の愛」は、WOWOWプライムにて8月20日(土)より毎週土曜夜10時放送の全4話。第1話は無料放送。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top