さ学もサプライズ登場 仲里依紗・ベビメタ菊地最愛ら輩出の「ちゃおガール」 今年のグランプリが決定

さくら学院

仲里依紗、菊地最愛(BABYMETAL)などを輩出してきた「ちゃおガールオーディション」が21日、パシフィコ横浜で開催された。



女子小学生に人気の少女漫画誌「ちゃお」の誌面やCMで活動する“ちゃおガール”。
田中美空(グランプリ)

田中美空(グランプリ)

「ちゃおガール2016★オーディション」は同所で開催された 「ちゃおサマーフェスティバル2016」のメインステージにて行われ、約180人の同誌読者が見守る中、ファイナリスト10名がウォーキング審査、自己PR・特技披露、ダンス審査に臨み、大分県出身の田中美空(10歳)が、約5,000通の応募の中から見事グランプリに輝いた。
田中は、昨年度グランプリの植村友結から、歴代のちゃおガールが着けて来たティアラを戴冠してもらうと、「ちゃおの誌面でいろいろな企画をがんばりたい!」と笑顔で意気込みを語った。
今後は芸能事務所アミューズに所属し、現役ちゃおガールで結成されたユニット・Ciào Smilesのメンバーとなる。

また、審査タイムには、ちゃおガールオーディション出身者が多く所属するユニット・さくら学院がサプライズ登場。「ちゃおちゃおTV!」エンディング曲となる新曲の「メロディック・ソルフェージュ」を初披露するなど、計3曲のライブパフォーマンスで華を添えた。

なお、準グランプリは10歳のロワ梨里愛(ろわ りりあん)と9歳の三枝友梨乃(みつえだ ゆりの)、審査員特別賞を8歳の横川美優(よこかわ みゆう)が受賞した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top