小松菜奈&菅田将暉が危うい10代の恋と衝動を熱演 「溺れるナイフ」予告編公開

「溺れるナイフ」場面写真

小松菜奈菅田将暉をW主演に迎え、ジョージ朝倉原作の人気漫画を実写化する、映画『溺れるナイフ』の予告編が解禁された。



映画は、10代の少年少女特有の、まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる全能感の謳歌、挫折と再生、剥き出しのナイフのような激しい心と心のぶつかり合いを描く壮大なラブストーリー。
W主演となる小松、菅田のほか、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音ら旬な若手キャストを迎え、若手女性監督・山戸結希がメガホンをとる。

解禁された予告編は、撮影場所の和歌山・熊野の美しい自然の中で、高校生の夏芽(小松菜奈)とコウ(菅田将暉)が出会い、惹かれあい、ぶつかり合う10代特有の躍動感に溢れたラブストーリーが描かれている。

都会からきたティーン誌のモデル・夏芽と地元の神主一族の跡取り・コウ。海岸沿いを大声で叫びながら自転車の2人乗りで駆け抜ける2人、照れながら夏祭りで手を繋ぐ2人、そして「付けとけ、お前のことを守ってくれるかもしれん」と自分の数珠を夏芽の右腕につけるコウのツンデレシーンも。

しかし、夏祭りに夜に全てを変える事件が起こってしまう。鬼の形相を見せるコウと目を腫らした夏芽・・・。2人の気持ちは離れてしまったのか? 夏芽とコウの恋の行方が気になる映像の数々が盛り込まれている。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top