「HiGH&LOW」続編主題歌はAOS × PKCZ ft.登坂の豪華コラボ 追加キャスト&場面写真など一挙解禁

EXILE TRIBEの総合エンタテイメント・プロジェクト「HiGH&LOW」の第2弾映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の主題歌および追加キャストが発表された。


「HiGH&LOW THE RED RAIN」新ビジュアル 

「HiGH&LOW THE RED RAIN」新ビジュアル ©2016「HiGH&LOW」製作委員会

主題歌はACE OF SPADES × PKCZ® feat.登坂広臣の「TIME FLIES」に決定。
「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」に収録された雨宮兄弟のテーマソング「SIN」では、EXILE TAKAHIROとGLAYのHISASHIらによって結成されたロックバンド・ACE OF SPADESと三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣がタッグを組んだが、今回はさらにEXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL(m-flo)らを中心に結成されたPKCZ®も加わる豪華コラボが実現。
雨宮兄弟の絆を描いた、ロックサウンドにダンスビートが加わった楽曲で映画を盛り上げる。

HIROのアイデアがきっかけとなって誕生したという三者のコラボ。ACE OF SPADESでボーカルを務めるTAKAHIROは「登坂と刺激の交換をし合いながら臨み、アーティストとしてすごく充実した時間を過ごすことができました」とレコーディングを振り返る。完成した主題歌について「PKCZ®、AOS、登坂といったそれぞれの個性も感じられつつ、さらにこのコラボレーションならではの個性も感じられるという、非常に多様な表情を持つ作品。いろいろな意味で、“新しさ”というものを感じていただけると思います」と自信を見せた。
なお、同楽曲は10月12日にシングルとしてリリースされる。

そして、追加キャストとして、石黒賢、岩城滉一、飯島直子の出演が決定。さらにコブラ(岩田剛典)率いる山王連合会(岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹)の面々も前作に引き続き登場する。
新キャストの発表にあわせ、石黒賢、岩城滉一、そして岩田剛典演じるコブラや山王連合会の場面写真と本作の新ビジュアルも公開された。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日(土) 全国公開。

EXILE TAKAHIRO コメント

ACE OF SPADES×PKCZ® feat.登坂広臣『TIME FLIES』が、10月8日から公開となる、HiGH&LOW映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』の主題歌として起用されることが決定しました。
『HiGH&LOW』は、SNS、コミック、ドラマ、映画、オリジナル・ベスト・アルバム、ドームツアーといったあらゆるエンタテインメントを巻き込んで、かつ点と点を線につなげたような総合エンタテインメントプロジェクト。ドラマSeason1から、キャストやスタッフの皆さん一丸となって臨み、挑戦してきました。
第2弾の映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、僕と登坂がドラマSeason1より演じている“雨宮兄弟”を軸に展開されるストーリー。この作品に、僕らだからこそ実現可能な“新しさ”や“エンタテインメント性”をどのように持たせるか……と考えていたときに、「ACE OF SPADESとPKCZ®、そして登坂でコラボレーションしてみてはどうか」とHIROさんよりアイデアをいただいたのが、この『TIME FLIES』誕生のキッカケです。レコーディングでは、登坂と刺激の交換をし合いながら臨み、アーティストとしてすごく充実した時間を過ごすことができました。
ACE OF SPADESがこれまで発信してきた音楽は、どちらかというと土臭くゴリッとした力強い王道ロックなんですが、そこにPKCZ®の世界観と登坂の歌声が混ざり合うことでいい化学反応を起こし、ロックサウンドとダンスビートの融合を体現した、斬新でスタイリッシュなデジタルロックに仕上がっています。
PKCZ®、AOS、登坂といったそれぞれの個性も感じられつつ、さらにこのコラボレーションならではの個性も感じられるという、非常に多様な表情を持つ作品。
いろいろな意味で、“新しさ”というものを感じていただけると思います。
映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』のストーリーと、THE RED RAINならではの音楽を楽しんでいただくと、相乗効果で『HiGH&LOW』プロジェクトの真髄をより体感していただけるとも思います。ぜひ、楽しみにしていてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top