主題歌歌うJYが月9「好きな人がいること」撮影現場を訪問 桐谷美玲らと“JY”ポーズ

月9ドラマ『好きな人がいること』キャスト陣と現場を訪問したJY

桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』の主題歌「好きな人がいること」を歌うJY(=知英)が、ドラマの撮影現場となっているスタジオを表敬訪問した。


本日8月29日(月)夜9時には第7話が放送されるが、まさにその7話を撮影中のスタジオを訪れたJYは、主演の桐谷美玲ほか、三浦翔平、菜々緒、浜野謙太、佐野ひな子らキャストがそろうサーフショップ“LEG END”のセットの入り口から、本当の来客のように入店し、出演者を驚かせた。

やや緊張気味の自己紹介の後、あたたかく迎えてくれたキャスト一同に、「皆さん撮影で大変だと思いますけれど、頑張って下さい」と労いの声を掛けたJY。
その後の記念撮影では、自身のJYというアーティスト名にちなみ、両手をそれぞれアルファベットの“J”と“Y”の形にしてのJYポーズをレクチャー。途中、JとYが逆になってることに気付いた桐谷から突っ込みが入り、大笑いの写真撮影となった。

表敬訪問終了後もJYと桐谷は2人で女子トークに花を咲かせた。主題歌の感想を聞かれた桐谷が、「本当に可愛い曲で、ドラマにぴったり合っていて、みんな現場で歌っています」と答え、「特にキャストの中だと誰が1番歌っていますか?」との質問には、「夏向です。山崎賢人くんですね。歌っているだけじゃなく踊っています」と現場でも主題歌が親しまれていることを伝えた。JYも「そういうえば、前にお会いした時も山崎さんが踊ってくださいました」と、先月、主題歌を初披露した「2016 FNSうたの夏まつり〜海の日スペシャル〜」で桐谷と山崎が応援に駆けつけた際の様子を振り返った。

ドラマの撮影現場内でも主題歌「好きな人がいること」が出演者を中心に愛されていることを知り、大喜びのJY。ドラマの初回放送では、主題歌が初めて流れた瞬間、思わず自宅のテレビのボリュームを大きくして、飼っている2匹のネコをビックリさせてしまったとのこと。そして毎週、オンエアを見るたびに主人公の美咲に感情移入して、キュンキュンしながら見ているという。印象に残っているシーンについて聞かれると、JYは、夏向がボートで美咲を連れ出し、夕日の綺麗な岩場で頬を触るシーンをあげた。
ドラマのいちファンとして、この後の展開にも大いに期待しているというJYは「暑い中の撮影は大変だと思いますが、これからもキュンキュンさせてください」と主演の桐谷を改めて奨励し、スタジオを後にした。

月9ドラマ『好きな人がいること』主題歌「好きな人がいること」は、8月31日(水)発売。発売日当日には、東京・タワーレコード渋谷店でスペシャルイベントを開催する予定。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top