舞妓姿で登場の渡辺麻友、デーブ・スペクターのギャグに苦笑

160829crown7

AKB48渡辺麻友が29日、都内で行われたトヨタの新キャンペーン「Cool or Hot ? CROWN JAPAN」の発表会に俳優の豊川悦司とともに出席した。


この日は特別仕様車のお披露目と新CMの発表が行われ、新CMに舞妓役で出演している渡辺は、CM同様の舞妓姿で登壇。
登場するなり、進行役のデーブ・スペクターから、底の厚いぽっくり下駄や白塗りの化粧について「もし転んだら『あーいたかった』って言わないとね」「普段よりちょっと顔色が悪い」と微妙なジョークを連発され、表情を強張らせた。

舞妓姿で登壇した渡辺麻友

舞妓姿で登壇した渡辺麻友

イベントでは、豊川と渡辺が起用された新キャンペーンのテーマ「Cool で Hotな日本に夢中」にちなみ、“クール”と“ホット”をテーマにトークを展開。
「最近ホットな出来事」について渡辺は「幼い頃からずっと野菜全般苦手で、まったく食べれなかったんですけど、最近突然ナスが大好きになって、しょっちゅう食べています。昨日も夏野菜カレーでナスをたっぷり入れて食べたり、いま自分の中でナスがすごくホットで、きてます」と回答。すると隣のデーブがすかさず「まさに“ナス休み”になったっていうね」と冗談を飛ばし、これには渡辺も苦笑いするしかなかった。

また、AKBグループのメンバーでクールな人とホットな人を聞かれると、クールなメンバーにはNMB48の山本彩、ホットなメンバーには総監督の横山由依の名前を挙げ、「さや姉(山本)は同い年なんですけど落ち着きがあって、クールでかっこいい子。由依ちゃんはたかみなさんから総監督を引き継いで、いままさにメンバーみんなを引っ張ってグループをまとめて、熱く熱く毎日頑張っている姿をいつも見ているので、本当にホットで一生懸命で頑張り屋さんだなって思います」と話した。

イベントの最後に渡辺は「私達のような世代から見るとクラウンは上の世代の方が乗る車というイメージが強いと思いますが、これをきっかけに若い世代の方にも興味を持っていただいて、これからクラウンを楽しんでいただけたら嬉しいです」とアピール。
デーブは「(このイベントに)僕は必要だった?」と自虐発言でこの日一番の笑いを誘った。

豊川と渡辺が出演する新CM「Cool or Hot ?篇」は8月30日より全国にてオンエア。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top