中井貴一が役になりきりイベント司会 長澤まさみら共演陣困惑

「グッドモーニングショー」完成披露舞台挨拶

29日、映画『グッドモーニングショー』の完成披露試写会が都内で行われ、出演陣と君塚良一監督が舞台挨拶に立った。


映画はワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター・澄田真吾の災難だらけの1日を描くコメディ・エンターテイメント。

舞台挨拶が始まると、まず最初に司会進行役として、主演の中井貴一が本作で演じたキャスター・澄田真吾に扮して登場。「わたくし日頃、朝の『グッドモーニングショー』という情報番組を担当しております、澄田真吾と申します」と挨拶して会場を湧かせた。続いて、本作に出演した長澤まさみ、志田未来、濱田岳、吉田羊、時任三郎の名前を読み上げて壇上に呼び込むと、最後に「ここで皆さまにお詫びがございます。主演を務めます中井貴一さんですが、本日は別の仕事が入っているため欠席になっております」と真剣な表情で観客に伝え、またしても客席が爆笑に包まれた。

最初に挨拶した君塚監督が「今日は中井貴一さんがいらっしゃらなくて……この設定は伝わってます?」と客席に問いかけると、澄田(中井)は「設定とは?」とおとぼけ。君塚監督は中井の不在設定をいいことに「主演の映画の完成披露試写に欠席という、僕からすれば非常に失礼。どうせ三谷幸喜の映画にでも出てるんでしょう」と毒づいて笑いを誘った。

キャストがひと通り挨拶を終えると、キャストの隣に立ってインタビュー。長澤には「お綺麗でいらっしゃいますね。生長澤まさみは初めて」と声をかけ、役になりきったままの中井に長澤も困惑。カフェの立てこもり事件の犯人を演じた濱田には「役者さんは自分の引き出しの中を出すって聞きますが、立てこもりなさったことがあるんですか?」と質問し、濱田が「そういう意味ではないと思うんですよね。引き出しっていうのは実体験を出すってことではないかと」と答えると、「わたくし、そういうこと経験がないもので」と終始キャラを貫いた。

舞台挨拶が佳境にさしかかると、「本日欠席の中井さんからお手紙預かっております」と切り出し、舞台の中央に立って「本日は別件の仕事のため舞台挨拶の場に参加できず申し訳ございません」と手紙を朗読。本作が第40回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に正式出品が決定したことを受け、「監督、長澤さん、志田さんとともに日本を代表するつもりで現地に行ってきたいと思います」と手紙を読み上げた。
最後にはしびれを切らした長澤が「いつまで澄田さんなんですか?」と尋ねるも、「ちょっと質問の意味がわからないです」ととぼけ、最後まで演じた役になりきったままだった。

映画『グッドモーニングショー』は、10月8日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top