佐藤健&菅田将暉、岡田将生と記憶の相違に「サイテー」

映画「何者」完成披露舞台挨拶

佐藤健有村架純二階堂ふみ菅田将暉、岡田将生、山田孝之が30日、都内で行われた映画『何者』の完成披露試写会で舞台挨拶を行った。


映画は、朝井リョウの同名小説を、三浦大輔監督が実写化。就職活動を通して自分が“何者”かを模索する5人の大学生の物語を、佐藤ら豪華若手俳優陣を迎えて描く。

佐藤健演じる主人公の冷静分析系男子・拓人は、ルームメイトで天真爛漫系男子の光太郎(菅田)の元カノ・瑞月(有村)に密かな恋心を抱く。佐藤と菅田の間で三角関係を演じた有村は「拓人の気持ちに気づいてないので、本人的には悪気はないんですけど、でも客観的に見ると瑞月もちょっとあかんなあみたいなところはある」と役どころを説明。
菅田は演じたキャラクターについて「大変ですよ。みんなの“たけるん”よりモテるっていう設定ですからね。けっこうドキドキしてました」とコメント。「でも最初の本読みの時に有村さんに『光太郎のどういうところが好きなのかな?』って聞いたんですよ。そしたら『真っ直ぐなところじゃない?』って言われたので、あまり考えずにやろうと思って」と役柄へのアプローチを明かすと、佐藤から「なにそれノロケ?」とツッコミが入り、「いやいや、演技論」と弁解。

二階堂演じる意識高い系女子・理香と同棲している空想クリエイター系男子・隆良(岡田)は、他の4人とは距離を置いた一匹狼的な存在。
MCから「撮影中、輪に入れず寂しかったか」と問われた岡田が「僕は(撮影が)数日だったので、あまり皆さんとお話ししなかったんですよ」と明かすと、すかさず佐藤が「あれ?僕たちの思い出全て忘れ去られてる?結構遊んだ記憶があるんですけど」と物言い。菅田も佐藤に同調して「サイテー」と寂しがり、会場を笑わせた。
岡田は「菅田くんと二階堂さんが本当に元気なんですよね。その元気に巻き込まれて、ワイワイしてました」と思い出したように振り返っていた。

映画『何者』は10月15日(土)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top