松山ケンイチ主演「聖の青春」主題歌は秦基博 新予告&ビジュアルも公開に

©2016「聖の青春」製作委員会

松山ケンイチを主演に迎え、伝説の棋士・村山聖の実話を映画化する『聖の青春』の主題歌を秦基博が担当することがわかった。



100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖。映画は、病と闘いながら将棋に全人生を賭け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動作。

「将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の、病気という困難に直面しながらも、名人という夢に突き進んでゆくその姿に感動をおぼえました」と村山聖の一生に感銘を受けたと話す秦基博が、本作『聖の青春』のために書き下ろした主題歌は「終わりのない空」。
制作はツアーで全国をまわっていた時期と重なり、移動中に原作を読みながら歌詞の構想を練った。
「サビには聖のその瞬間、瞬間にいのちを燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した『人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。』という言葉から汲み取った想いを込めています」と語る通り、力強くも儚い、ドラマティックな楽曲に仕上がっている。

あわせて、主題歌「終わりのない空」を収録した新予告映像および新ビジュアルも公開された。

映画には松山ケンイチのほか、羽生善治を演じる東出昌大をはじめ、染谷将太、リリー・フランキー、竹下景子、安田顕、柄本時生らが演技派が出演する。11月19日(土)公開。


秦基博コメント

主題歌のお話を頂き、村山聖さんという稀代の棋士のストーリーということで気合いが入りました。
曲作りは5月頃から。完成直前の映像を拝見し、将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の、病気という困難に直面しながらも、名人という夢に突き進んでゆくその姿に感動をおぼえました。エンドロールに流れることをイメージしながらまず曲を、そしてアレンジを考えていきました。ちょうどツアーで全国を回っている時期だったので、その移動中に原作を読み進めながら歌詞の構想を練っていきました。サビには聖のその瞬間、瞬間にいのちを燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した「人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。」という言葉から汲み取った想いを込めています。映画とともにこの「終わりのない空」を受け取って頂けたら嬉しいです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top