「夜神月は生きている」菅田将暉が戸田恵梨香に不敵な笑み「デスノート Light up the NEW world」本予告公開

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

2006年に前後篇二部作で公開されヒットを記録した映画『DEATH NOTE』の続編となる『デスノート Light up the NEW world』の本予告映像が公開された。


“キラ”こと夜神月と、世界的名探偵“L”との対決から10年後の世界を舞台に、再びはじまったデスノートによる連続殺人と、6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が繰り広げられる本作。

本予告は10年前と現在を結ぶ映像で幕開け。無差別殺人を行う“思想なき”デスノート所有者・青井さくら(川栄李奈)によって渋谷が大混乱に陥る様子が映し出される。映像内には残りの寿命の半分と引き換えに“死神の目”を契約した者のみに見える風景も。「もっとおもしろいもん見せてもらおうじゃねぇか」とデスノートを揺らす死神・リューク(中村獅童)。さらに、白い死神・アーマとは異なる金色の死神も登場する。

本作にて描かれるのはデスノート対策本部捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)らが繰り広げる三つ巴の戦い。
竜崎の「こっから先はデスノート争奪戦だ」という言葉を皮切りに映し出される、まるで本作の全貌を推理させるかのように連鎖する疑惑。「これは罠だ!」と叫ぶ三島、自身に銃を向ける竜崎。そして「夜神月は生きている」と月の元恋人・弥海砂(戸田恵梨香)に告げ、不敵な笑みを浮かべる紫苑。「そんな話、信じるわけないでしょ?」と返事をするも、再びデスノートを手にした彼女の元にはリュークが。彼女が手にしたノートは誰のものなのか?

「俺はお前も見ているからな」と火花を散らす三島と竜崎。デスノートを手に「キラのおかげで僕は呪縛から開放された」と語る紫苑。果たして、この言葉が意味することとは一体何なのか?そして、海砂の「月は生きてるの・・・?」という言葉に隠された真実とは?一瞬たりとも見逃せない映像満載の予告となっている。

なお、本予告映像では、バックに流れる安室奈美恵による主題歌「Dear Diary」が、より一層本作のドラマ性を盛り上げているが、このほど、9月16日(金)より3週連続配信となるHuluオリジナルドラマ「デスノート NEW GENERATION」の主題歌に、安室奈美恵による本作の劇中歌「Fighter」の起用が決定した。

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)より全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top