【写真特集】ボイメン&超特急&竹内涼真&坂口健太郎…3万人の女子を沸かせた“ボーイズ”たち <TGC2016A/W>

TGCに登場した超特急

「第23回東京ガールズコレクション 2016 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)が3日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナで開催され、人気モデルによるファッションショーやアーティストライブが繰り広げられた。



ローラ、水原希子、桐谷美玲、香里奈、小松菜奈ら人気モデルたちのほか、竹内涼真、坂口健太郎ら人気男性俳優やBOYS AND MEN、超特急といったボーイズグループも出演。会場につめかけた約3万人の“ガールズ”から声援を浴びた。

イベント前半の「new balance」のステージには“ジェンダーレス男子”として注目を集める男性モデル2人が登場。
カリスマアパレルショップ店員として話題のゆうたろうはモデルの金城茉奈と2ショットでランウェイを歩き、先端では茶目っ気たっぷりのポーズを決めた。
続いて、タレントとしてバラエティ番組に引っ張りだこのりゅうちぇるが、パートナーのオクヒラテツコ(ぺこ)とともに登場。色違いのコーディネートを纏い、仲良く手を繋いでランウェイを歩いた。


イベント中盤では、俳優の市原隼人がシークレットゲストとして登場し、会場は大歓声に包まれた。
Amazonプライム・ビデオで配信されるオリジナルドラマ「福家堂本舗–KYOTO LOVE STORY–」に出演する市原は、同ドラマで競演する佐々木希、早見あかり、宮野陽名とともに和装でランウェイに花を咲かせた。


アーティストライブでは、名古屋初の10人組ボーイズグループ・BOYS AND MENと、7人組メインダンサー&バックボーカルグループの超特急が2組続けてパフォーマンス。
先に登場したBOYS AND MENは、名古屋でTGCが開催された時に会場の外でビラ配りをしていた過去を明かし、「そんなグループがここに立っている。美談ではなくて、あきらめなければ必ず叶うということが絶対にあると思います」と観客にメッセージを送った。


超特急は7人がステージに横並びで整列すると、1人ずつモデルさながらのウォーキングでランウェイを歩いて行く。ドラマ『お義父さんと呼ばせて』主題歌のミディアムバラード「Yell」をしっとりと歌い上げると、「バッタマン」では持ち前のコミカルかつパワフルなダンスで会場を盛り上げた。


イベントは後半戦へ。前回のTGCからスタートした、U-25の旬なイケメン俳優とTGCの人気モデルをスタイリスト長瀬哲郎氏とヘアメイクアーティスト冨沢ノボル氏がプロデュースする新企画では、竜星涼、永瀬匡、竹内涼真、葉山奨之、山本涼介、桜田通、坂口健太郎ら人気若手俳優陣が続々登場。
さらに坂口と来年2月公開の映画『君と100回目の恋』で共演しているmiwaがシークレットゲストとしてサプライズ登場し、坂口とともに映画をPRした。


フジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』のステージでは、ドラマに出演中の山崎賢人と野村周平が主演の桐谷美玲を間に挟んでランウェイを闊歩。客席をバックに自撮り棒で記念撮影するなど、3人の仲睦まじい様子に会場からは歓声が鳴り止まなかった。


「東京ガールズコレクション」は「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催されているファッションフェスタ。
第23回を数える今回のTGCは“LOVE ME”をテーマに開催され、人気モデルが出演するファッションショーをはじめ、豪華アーティストによるライブや、旬なゲストが多数登場するスペシャルステージを展開。延べ約3万1400人が来場した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top