菅田将暉が恋愛観を、重岡大毅は初のキスシーンを語る

菅田将暉

11月5日公開の映画『溺れるナイフ』に出演する菅田将暉と重岡大毅(ジャニーズWEST)のインタビューが9月13日(火)発売の「別冊フレンド」10月号に掲載。菅田は原作に絡めて恋愛観について、重岡は初のキスシーンについての心境を語っていることが明らかになった。

2004年から2013年にかけて同誌にて連載された同名少女漫画を新鋭・山戸結希監督が実写化する本作は、10代の少年少女特有の全能感の謳歌、挫折と再生、剥き出しのナイフのような激しい心と心のぶつかり合いを描く壮大なラブストーリー。
都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松菜奈)と地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田将暉)は、出会った瞬間に惹かれあう。しかし、幸せな日々は火祭りの日に起きた悲劇によって叩き潰される。心を閉ざしてしまった夏芽に、同級生の大友(重岡大毅/ジャニーズWEST)から突然の告白。果たして、夏芽とコウの恋の行方は……というストーリー。

菅田が演じるのは、夏芽が運命的な恋に落ち、傲慢で奔放ながらも持って生まれたカリスマ性で周囲を魅了する、コウこと長谷川航一朗。
普段より様々なコミックをよく読んでいる菅田は独自の「溺れるナイフ」感を持ち、コウという役どころに対しての考え方があったようだ。「カッコいいし美しいし脆いし弱いし変に大人だし涙が止まらなかったりするし」と話す通り、神秘的な美しさを持ち、硬派でクールに見えて、ふと垣間見せる優しさをもつ難しい役どころであるが、「実際演じてみると、すごくリアルな存在に思えました」と語っている。
さらに、夏芽(小松菜奈)とカナ(上白石萌音)という対照的な女の子が登場することを説明しながら、どちらの女性に惹かれるか、という自身の恋愛観にも言及している。

一方、重岡が演じるのは、心を閉ざすようになった夏芽にそっと寄り添う同級生の大友勝利。誰もがこんな男の子が側にいてくれたらと願う、愛おしいキャラクターだ。
撮影エピソードについてふんだんに語られる中、本作でキスシーンに初挑戦したことを明かしている。
撮影現場ではイジられ役だったという重岡。撮影前に前髪を切ったことで、もともと手入れしてなかった太眉が露呈することに。「この映画は、僕の眉毛のターニングポイントです(笑)」と本人が語るほど。本編でも眉毛をイジられる微笑ましいシーンがあり、観客にクスッとした笑いを届ける。
さらに「俺ら東京さ行くだ」をフルコーラスで熱唱するシーンについてもふれており、映画の公開がますます待ち遠しくなるインタビューとなっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top