広瀬すず、山崎賢人&石井杏奈&中川大志の名場面再現に興奮

160910kimiuso5

10日、映画『四月は君の嘘』が公開初日を迎え、広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、檀れい、新城毅彦監督が都内の劇場で舞台挨拶に立った。


本作は新川直司による同名の人気漫画を、『僕の初恋をキミに捧ぐ』『潔く柔く』などを手がけた恋愛映画の名手・新城毅彦監督が実写映画化。ピアノが弾けなくなってしまった元・天才ピアニストと自由奔放で天真爛漫なヴァイオリニストとの恋を描く。

ヴァイオリニストの宮園かをりを演じた広瀬すず。人気原作のキャラクターを演じるにあたり、「(プレッシャーが)死ぬほどありました。死んじゃいそうでした」と明かし、「やっぱり原作ファンの方の中には“宮園かをり”という女の子が生きているので、そこにまた命を吹き込んで“宮園かをり”を演じるというのが、すごく難しい女の子でもあって、自分にとってはチャレンジだった」と心境を吐露。
それでも「作品にすごくカラフルな世界観があるので、現場に行くと、みんなが一緒になってその世界に染まっていくという空間があった。それが支えになりました」と周囲に助けられプレッシャーを跳ね除けることができたという。
舞台挨拶では原作ファンから寄せられた「最初は宮園かをりを演じることは怖いと言っていましたが、迫真の演技に心を打たれました」「宮園かをりがすずちゃんでよかった」というメッセージが読み上げられ、「観てくださった方から、そう言っていただけるのが一番嬉しいです」と笑顔を見せた。

山崎演じる公生にアタックするシーンが可愛かったというメッセージをもらった石井は「恥ずかしいですね」と頬を赤らめながら、「原作を読んでいて印象に残ったシーンだったので、どうやってこんなに純粋な子を演じたらいいか悩みました。でももう全力でやろうと思って、全力でやりました」と回顧。MCから「せっかくなので…」と実演を求められ、「絶対嫌だ!」と恥ずかしがりながらも、山崎を相手に再現してみせた。
続けて、中川も山崎賢人との絡みのシーンを2人で実演。中川は「久々に賢人が公生に見えて感動しました」といい、隣で見ていた広瀬は「1年越しに生で見れて興奮しました」と名シーンの再現に目を輝かせていた。

舞台挨拶の終盤では、公開までの歩みを振り返る特製メッセージボードを公開。「今日の1枚」と題して撮影期間中にキャストが当番制で撮影してきたオフショットをはじめ、メイキング、プロモーション時の写真、そしてTwitterで募集したファンからのメッセージなどで構成された大型のパネルがお披露目された。
このパネルにキャスト陣がメッセージを書き込み、最後に広瀬と山崎が「届け、」「僕らの全部をのっけて」と筆入れして、メッセージボードを完成させた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top