本田翼&山本美月「守ってあげなきゃ」「絶対助けてくれる」撮影現場での関係を明かす

映画『少女』完成報告会見

モデルで女優の本田翼と山本美月が12日、都内で行われた映画『少女』の完成報告会見に出席。撮影現場での2人の関係性について語った。



湊かなえの原作を三島有紀子監督が実写化する本作は、“死”にまつわる禁断の世界を描いた長編ミステリー。
「死体って見たことがある?」という転校生の何気ない告白をきっかけに、「人が死ぬ瞬間を見てみたい」という願望にとらわれた、2人の女子高生の衝撃的な夏休みを描く。

心に闇を抱える女子高生の由紀と敦子を演じた本田と山本は、女優として4度目の共演。
山本は「“はじめまして”のドギマギした感じが一切なくて、それをとばしたから居心地のいい関係になれた」と本田との関係性を明かし、「彼女は本当に正直者で素直なんですよ。不安に思っていることとか全部言ってくださるので、『私が守ってあげなきゃ』みたいな気持ちになっちゃう。実際に由紀と敦子のような関係性になれた」と撮影期間を振り返った。
本田も山本に対して「絶対助けてくれるっていう安心感があった」といい、「自分がどんなに失敗しても絶対にフォローしてくださるし、敦子と由紀という関係にとって本当にいい関係性だったなと思います」と語った。

映画の舞台となるのは厳格な雰囲気の漂う女子校。
女子校出身の山本は「わりと厳格なほうの女子校だった」と自身の高校時代を明かす。劇中ではクラスメイトからのイジメに遭うが、「イジメとかもなく、みんな仲が良くて、男の子の目がない分、すごく元気な学校でした」と学生時代を回顧。
一方、共学校出身の本田は女子校について「未知の世界」だと話し、「今回は女子校の一部を切り取っているので、これが全てじゃないけど、やっぱり敦子のいじめられるシーンは衝撃的すぎて、全部がこうじゃないとわかっているけど、ちょっとだけ怖い」と作品の世界観に圧倒されている様子だった。


また、完成した作品を観た2人は「画が美しくて引き込まれていくようなストーリー展開で、自分が主演していますけど、楽しく見ることができました」(本田)、「私たちは撮影中にモニターを見ていなかったので、初めて見た時、こんなにきれいな画に仕上がっているのかと思いました。こんなにもスタッフさんの愛を感じられる映画はなかなかないんじゃないかと思う」(山本)と、それぞれコメント。

2人の言葉を受けて会見に同席した三島有紀子監督は「現場は苦しいけども、出来上がったものをスクリーンで観たときに自分の中に新しい自分を発見できることが、頑張ってくれた役者さんへの恩返しなのかなと思うので、素敵な作品に参加できてよかったと思ってくれることを目指して作ってきた」と安堵の表情を見せていた。

会見には本田、山本、三島監督のほか、本作に出演の真剣佑、佐藤玲、そして原作者の湊かなえも出席した。
映画『少女』は10月8日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top