小栗旬が絶望的状況へ追い詰められる「ミュージアム」ワンオク主題歌入り予告映像公開

俳優の小栗旬が主演する映画『ミュージアム』の本予告映像およびポスタービジュアルが公開された。


© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会

© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会

映画は巴亮介氏の人気同名コミックを『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が実写化。雨の日にだけ起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志は通称“カエル男”と呼ばれる犯人を追い詰めていくが、狡猾な罠によって逆に窮地に追い込まれてしまう。
主人公の沢村刑事役の小栗旬をはじめ、その妻・沢村遥役に尾野真千子、部下の刑事・西野純一役で野村周平が出演。

解禁された93秒の本予告映像は、主演・小栗旬の体当たりの演技が満載。
車にはねられ、突き飛ばされながらも殺人アーティスト・カエル男を追う沢村の鬼気迫る表情、熱を帯びた執念が映像からほとばしる。
映像の後半では、先日発表されたONE OK ROCKが歌う主題歌「Taking Off」が、追い詰められていく沢村を絶望のラストへと誘う。「沢村遥を殺せ」。突きつけられたカエル男の究極の指示に沢村刑事はどのような決断を下すのか?

あわせて解禁された本ポスターに記されたのは「あなたは最悪のラストを期待する」の文字。そして銃を突き出すカエル男と満身創痍の刑事・沢村が対峙する緊迫感のあるビジュアルとなっている。

映画『ミュージアム』は11月12日(土)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top