「デスノート」映画の前日譚描くHuluオリジナルドラマから安室奈美恵の主題歌入り特別映像解禁

「デスノート NEW GENERATION」紫苑篇・狂信

映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)の前日譚を描くHuluオリジナルドラマ「デスノート NEW GENERATION」が明日9月16日(金)から配信される。これにあわせ、特別映像が公開された。



ドラマは映画『デスノート Light up the NEW world』で三つ巴の頭脳線を繰り広げる主要キャスト3名、それぞれを主人公として描いた三部作。
2006年公開の実写映画『DEATH NOTE』で描かれた“キラ”こと夜神月と世界的名探偵“L”の対決から、10年後の世界が舞台となる本作『デスノート Light up the NEW world』までの、10年間の真相を描く。

デスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創(東出昌大)が主人公となる「三島篇・新生」は、10年の時を経てデスノート事件が勃発する際に、三島がエース捜査官として立ち向かうきっかけを描き出す本格警察ストーリー。
Lの遺伝子を受け継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)が主人公の「竜崎篇・遺志」は、香港でFBIもお手上げの難事件を超絶推理と行動力により解決していた竜崎がデスノート事件への参加を決意する経緯を描き、Lとの約束の謎に迫る。「竜崎篇・遺志」には“ニア”が登場するという新情報も。
キラ信奉者でサイバーテロリストの紫苑優輝(菅田将暉)が主人公の「紫苑篇・狂信」では、一家惨殺事件の唯一の生き残りでかつて恐ろしいトラウマに悩まされていた紫苑が、自らのトラウマと向き合うかのように、犯罪者にデスノートを初めて使用する「その時」を描き出す。

配信開始に先立って本日公開されたスペシャル映像は、ドラマと映画の重要な鍵を握るシーンが織り交ぜられたもの。安室奈美恵によるドラマ主題歌「Fighter」が一層映像を盛り上げている。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top