宮崎あおい、“お父ちゃん”渡辺謙との別れに瞳潤ませ「寂しい」

「怒り」初日舞台あいさつ

俳優の渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチらが17日、都内で行われた映画『怒り』の初日舞台挨拶に登壇。宮崎は父娘を演じた渡辺謙との別れを惜しんだ。



本作は八王子で起こった夫婦惨殺事件が未解決のまま1年が経過し、犯人の有力情報も得られぬなか、東京・沖縄・千葉に現れた3人の前歴不詳の男と3組の登場人物による3つのストーリーが並行して展開する群像ミステリー。

瞳を潤ませる宮崎あおい

瞳を潤ませる宮崎あおい

千葉の漁港を舞台するパートで渡辺謙演じる槙洋平の娘・槙愛子を演じた宮崎は「この作品は私にとって本当に本当に大切な作品です」と挨拶。
映画鑑賞直後の観客から共演者の印象を聞かれると、「今日から映画が始まって、皆さんのものになっていくのがすごく嬉しいんですけど、明日からもうお父ちゃんに会えなくなっちゃうんだなと思うと、ちょっと寂しい」と率直な心境を明かす。
瞳にうっすらと涙を浮かべながら「現場でもすごく支えていただいて、自分の居場所を作っていただいたと思っています。お父ちゃんの横に座って、話をするでもなく、そういう時間があったからこそ、愛子とお父ちゃんという関係が出来上がった。お父ちゃんについていけば大丈夫だという安心感があった」と渡辺に信頼を寄せ、「謙さんの娘を1回でも演じさせてもらえたことを幸せに思っています」と感慨深げに語った。

父親役の渡辺謙は「彼女がこの役をやろうという時の覚悟を言わずとも感じていたので、俳優同士としても先輩としてもそれをきちんと見届けたいと思った」といい、「撮影もプロモーション期間も楽しい時間を過ごさせていただきました」と宮崎に感謝。

一方、2人の前に現れる謎の男を演じた松山は「昔、ある女優さんと仕事してて、『いままでで一番変人な役者さんは誰?』っていう話になって、その女優さんはあおいちゃんだと言ってました」とぶっちゃけ、会場を笑わせる。「その時はわからなかったけど、今回共演してよくわかりました。だから愛子を演じられたんだと思います。素晴らしい女優さんです」と賞賛を送り、宮崎は苦笑いするしかなかった。

舞台挨拶には渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチのほか、森山未來、綾野剛広瀬すず、妻夫木聡、李相日監督が出席した。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top