GENERATIONS片寄涼太、映画初出演!土屋太鳳主演で「兄に愛されすぎて困ってます」実写映画化

「兄に愛されすぎて困ってます」実写映画化

小学館「Sho-Comi」にて連載中の夜神里奈作の人気少女漫画「兄に愛されすぎて困ってます」が、土屋太鳳主演で実写映画化されることが決定した。



告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋太鳳)は、恋に恋するちょっと恋愛体質な女の子。そんなせとかをずっと見守ってきたのは、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメンの兄・橘はるか。 2人は血がつながっていない兄妹だが、その事実を知っているのは兄のはるかだけ。そんな中、突然せとかに人生初のモテキが訪れる。初恋の相手で憧れの人、でも超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺が数年ぶりに現れて、せとかに急接近。さらに、続々と年上イケメンたちに愛されはじめる、というストーリー。

(C)2017「兄こま」製作委員会 (C)夜神里奈/小学館

(C)2017「兄こま」製作委員会
(C)夜神里奈/小学館

突然訪れた“人生初のモテ期”状態に困惑しながらも、自分の本当に好きな人を見つけ出そうとするまっすぐな女子高生・橘せとかを演じる土屋は、「原作ファンの方々はじめ多くの人が『土屋太鳳が、せとか?』と感じていらっしゃると思います。私自身、せとかと原作の世界全てが愛らし過ぎて、緊張に押し潰されそうです」と人気原作のキャラクターを演じるプレッシャーを吐露。「でも、監督とスタッフさん方、キャストの方々に支えていただき、覚悟を決めて、せとかの時間を生きています。どうか見守っていただけたら嬉しいです」とコメントしている。

そんなせとかを想う兄・はるかを演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太。大事な妹が血がつながっていないと知り、揺れる自分の気持ちに戸惑いながらも必死でせとかを守り続けようとする、クールだけど実は優しい“ヤンキー系ツンデレお兄”を体当たりで演じる。
「一生懸命自分なりに“はるか”と向き合い、自分らしい“はるか”を演じられたらと思っています」と意気込む片寄は、本作が映画初出演。
担当プロデューサーは片寄の抜擢について「華やかなアーティスト性と素直な心を持つGENERATIONSの片寄君をこの作品でスターにしたいと思いました。彼の可能性を楽しみにしてて下さい」と起用の理由を語る。

片寄演じるはるかに宣戦布告し、せとかに接近していく第二の兄系イケメン・芹川高嶺を演じるのは、映画やドラマと話題作への出演が相次ぐ俳優の千葉雄大。自身初となる白衣姿を披露し、普段の柔らかいイメージとはギャップたっぷりの超ドS・毒舌キャラを熱演する。
さらに今後、第3、第4、第5のイケメンたちも発表される予定。

映画化に挑むのは、河合勇人監督をはじめとする、同じく少女漫画原作の『黒崎くんの言いなりになんてならない』を大ヒットに導いた。製作チーム。
今年8月より都内近郊にてオールロケを行い、9月末にクランクアップの予定。2017年夏全国公開。

橘せとか役:土屋太鳳コメント

原作ファンの方々はじめ多くの人が「土屋太鳳が、せとか?」と感じていらっしゃると思います。
私自身、せとかと原作の世界全てが愛らし過ぎて、緊張に押し潰されそうです。
でも、監督とスタッフさん方、キャストの方々に支えていただき、覚悟を決めて、せとかの時間を生きています。
どうか見守っていただけたら嬉しいです。

橘はるか役:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)コメント

はるか役が自分に務まるのかと不安に思うところもあるのですが、一生懸命自分なりに“はるか”と向き合い、自分らしい“はるか”を演じられたらと思っています。
現場では、せとか役を演じられる土屋さんをはじめキャストの皆さんがその役に本当にぴったりで、すごく自然に「兄こま」の世界観が広がっている気がします。
温かいスタッフの皆さまに支えられとてもいい雰囲気で撮影させて頂いているので、映像を通してその雰囲気も見てくださる方に伝わればと思います。

芹川高嶺役:千葉雄大コメント

かわいい妹とかわいいお兄(おにい)のお話です。
撮影している中で、ほんの少しお兄さん役の僕からみても、太鳳ちゃんも片寄くんもかわいくて愛おしいです。
パンチの効いたキャラクターがたくさん出てきますし、監督はじめスタッフのみなさんもブッとんだ方がたくさんいるので、面白いアイディアがわんさか。賑やかな作品になりそうです。楽しみにしていて下さい。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top