新垣結衣主演ドラマOPテーマをチャラン・ポ・ランタンが担当

TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

女優の新垣結衣が主演するTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(10/11火曜22時スタート)のオープニングテーマをチャラン・ポ・ランタンが担当することが決定した。



ドラマは、現在講談社「Kiss」で連載中の海野つなみによる同名漫画を原作とした社会派ラブコメディ。
職なし彼氏なし居場所なしの主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない35歳の独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と“仕事として結婚”。同じ屋根の下、徐々にお互いを意識し出す2人と、秘密のはずの契約結婚を津崎の会社の後輩にバレてしまったことから物語が動き出す。

チャラン・ポ・ランタン

チャラン・ポ・ランタン

オープニングテーマを担当することになったチャラン・ポ・ランタンは唄の“もも”とアコーディオン“小春”の2人による姉妹ユニット。
異国情緒漂う独特な音楽性・世界観ながら、ドラマ・映画・TV番組の主題歌や有名アーティストへの楽曲提供、Mr.Childrenライヴサポートなどでボーダレスに活動をし、現在注目されているアーティストの1組である。
ゴールデンタイムのTVドラマの楽曲に抜擢された2人は「『ガッキー(新垣結衣さん)と星野源(さん)のドラマのオープニング!?』と興奮しました」とオファーを受けた時の驚きと喜びを語る。

番組プロデューサーはチャラン・ポ・ランタンの起用について「チャラン・ポ・ランタンの曲を聴くと、いつも不思議な気分になります。ファンタジーの世界のようで、それぞれの曲にしっかりと手触り感がある。今回のドラマは『契約結婚』をテーマにしています。『契約結婚』は幻想のようですが、ドラマの中では、そんな不思議な縁で結ばれた男女2人の毎日の生活という現実を描きます。ファンタジーのようで手触り感のある、そんな世界観を引っ張っていくオープニングテーマは、チャラン・ポ・ランタンしかないと思い、オファーしました。」と説明。

「初めて作品を読んだ時、もどかしい男女のやりとり、恋のはじまりに心が躍って、気付けば全巻買っていて完全にトリコになっていました(笑)」と語るチャラン・ポ・ランタンの2人は「自分にとっても楽しみであるドラマの始まりを彩る曲を歌えることがとても嬉しいです!」とコメント。

原作を読んだ上で書き下ろされた楽曲ということで、チャランポの奏でる音色がドラマにどんな彩りを添えるのか、期待が高まるところだ。



Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top